干物が安くておいしい!柳ガレイ(ヤナギムシガレイ・ササガレイ)!

干物が安くておいしい!柳ガレイ(ヤナギムシガレイ・ササガレイ)!

柳ガレイをご存知でしょうか。

大きくて卵があるものは高級魚になりますが、小さいものは、干物にして販売されています。

見た目よりもとてもおいしくて上品な味の魚です。

今回は、「柳ガレイ」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

柳ガレイはこんな魚です!

柳ガレイは、主に日本海沿岸と、茨城県から三陸のほうの太平洋側で獲れる魚です。

水深100メートルくらいの海底の泥の中に生息しています。

なので、底引き網漁で獲れる魚です。

底引き網漁は9月以降から冬の間になりますので、柳ガレイを買えるのは、秋から冬の間、長くて春先になります。

福井県や新潟県、島根県ではブランド化されています。

味が良く、コクもあり、上品な味わいをしておいしいので、大きいものだと非常に高くなります。

しかし、小さいものですと、ほぼ「干物」になるので、1尾あたりの値段はいっても数百円程度で、買いづらいものではありません。

こんな見た目です。

すでに塩水につけて一夜干しになっているものです。

高くても1尾200円くらいでした。

目が縦長に大きいのと、色合いがあまりきれいでなく、半透明だったりするので、見た目に抵抗がある方もいるかもしれませんが、味はまちがいないです。

(私は、この顔が「かわいい」と思ってしまいますが…(^^))

名産地では、頭を落として売っているところも多いです。

 

<スポンサーリンク>

実際に食べてみました!

2尾を魚焼きグリルで焼きました。

うすっぺたい魚なので、4分から6分くらいで焼けてしまいますので、注意しながら焼いてください。

皮が薄いので、すぐ膨らんで、裂けてしまいました。

 

魚の身自体は、真っ白です。

淡白で、コクがあり、深みのある複雑な味わいです。

身が薄いので、食べではありませんが、2尾くらいならお腹いっぱいになります。

 

酒の肴にもいいと思いました。

地方によっては、もっとカラカラに干して売っていたりして、「珍味」となり、酒のつまみになります。

塩漬けの一夜干しですが、すこし醤油を垂らして食べるのもおすすめです。

<スポンサーリンク>

 

さいごに

今回は、柳ガレイというお魚をご紹介しました。

正式和名は「ヤナギムシガレイ」です。

他には「ササガレイ」とも呼ばれます。

 

やはり「カレイ」はおいしい魚なんですよね。

お店で買える「柳ガレイ」は小さくて薄くて、「食べるとこあんの?!」と思ってしまう魚ですが、味はとても良くて、白身もきれいでおいしい魚です。

 

 

私などは、見た目に最初抵抗がありました。

しかし食べてみると非常においしかったので、今はいろんな人にすすめています。

もしお安く「干物」で売られていたら、ぜひ食べてみてください。

もちろん、生魚でも、塩焼きや煮つけ、唐揚げでおいしいと思います!

★関連記事:ムニエルやソテーにして簡単においしく食べられる「舌平目(シタビラメ)」!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*