【六花亭】マルセイキャラメルはアーモンドとバターの風味が複雑でおいしい!

【六花亭】マルセイキャラメルはアーモンドとバターの風味が複雑でおいしい!

「六花亭」には、キャラメルもあります。

しかし、そこは個性的な「六花亭」らしく、他にはないユニークな内容のキャラメルです。

そして、とてもおいしいのです。

今回は、六花亭の「マルセイキャラメル」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

六花亭「マルセイキャラメル」は「マルセイバターサンド」と同じようなパッケージ!

(画像引用元:六花亭オンラインショップ) 

明治時代の「マルセイバター」のデザインを踏襲したパッケージになっていますので、あの有名な「マルセイバターサンド」との「姉妹品」か何かのように見えます。

 

★関連:【コープデリ】六花亭の定番!「マルセイバターサンド」はコープデリでも買える!

 

このキャラメルにもバターが使われているので、このデザインになっているのだと思います。

個包装はこんな感じです。

半透明の袋にマルセイバターのデザインと、「キャラメル」という、素朴な文字。

六花亭らしいデザインです。すごく味もあるし、貫禄もあります。

 

1袋に3粒入っています。

これが6袋(=18粒)で税込530円です。

 

<スポンサーリンク>

六花亭「マルセイキャラメル」は小さい粒の中に内容が凝縮された、豪華なキャラメル!

18粒で530円、はなかなかいいお値段です。

しかし、これには訳があります。

 

まず、バターや生クリームが使われています。

そして、原材料欄には、他に「クリームチーズ」「ラム酒」「ブランデー」と言った文字が見えます。

 

公式サイトによると、マルセイビスケット大豆アーモンドが、このキャラメルに入っているそうです。

「マルセイバターサンド」のあのビスケットと、大豆とアーモンド。

これだけでもかなりボリュームがありそうです。

その上に、バターや生クリーム、洋酒も使われているのですから、一般的な「キャラメル」より内容は濃いと思います。

価格が、キャラメルにしては「お高い」感じがするのは、原材料が豪華だからかもしれません。

 

味は、濃厚です。

ビスケットや大豆、アーモンドが細かくされて入っているのですが、バターの風味ともあいまって、かなり複雑な味になります。

もぐもぐとよく噛み続けないといけません。

 

一般のキャラメルのような、ねっとりとした食感はあまり無く、中の「具」とも言える、ビスケットやアーモンドをしっかりとかみしめながら食べるようなお菓子です。

(これを、六花亭の通販サイトでは「時間と共に変わる食感」と表現しています。)

豪華であり、とてもおいしいです。

 

このキャラメルは、北海道土産としても使える、いいお菓子だなと思います。

もらうときっと嬉しいと思います。

内容が濃いので、満足度も高いです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、六花亭の「マルセイキャラメル」についてお伝えしました。

中の「具材」もとてもおいしい、濃厚でコクがあり、香ばしい、食べていて元気になるような、内容の濃いキャラメルです。

お土産にもピッタリだと思います。

 

「コープデリ」でも時々買える、六花亭のアソートパックにも入っていることがあります。

もし機会があればぜひ食べてみてください!

★関連:【コープデリ・六花亭】「六花セレクト」はちょっとずつ六花亭のお菓子が食べられる!

★関連:【六花亭】「いつか来た道」はマルメロを使ったおいしいパイ菓子!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!