【魚】ツムブリはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚】ツムブリはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

一見ブリに似ている魚がいます。

でも、ブリとは関係がなくて、アジの仲間なのです。

今回は「ツムブリ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ツムブリはどんな魚?

ツムブリは、上の写真のような、スリムな体型の魚です。

「ブリ」と名前に付くように、一見「ブリなのかな?」と思う見た目を確かにしています。

しかし、ブリに似てるけどなんか違うかも…とも思うはずです。

 

ツムブリは、スズキ目スズキ亜目アジ科ツムブリ属の魚です。

なんと、ブリとは全く関係がありません!

しかも、アジの仲間なんですね。

 

体格やヒレの様子から、ブリとは違う魚だとわかります。

また、体の色や筋が違っています。

 

ツムブリの「ツム」は、織物で使われる道具(「紡(つむ)」)の形に似ていることから付けられています。

「紡錘形」なんてことばがありますが、まさにツムブリも紡錘形ですね。

 

1mくらいまで大きくなる魚です。

頭がシュッとして小さいですね。

 

<スポンサーリンク>

ツムブリの生息地や主な産地は?

ツムブリは、世界中の暖かい海域に生息しています。

日本国内では、青森以南にいますが、南に行くほど大きくなり、鹿児島産のツムブリはかなり大きいです。

そして、大きいほどおいしいと言われています。

 

日本国内の主な産地は、鹿児島県や宮崎県の南日本、和歌山県や三重県です。

 

関東にはあまり流通せず、入荷したとしてもかなり安くなってしまいます。

しかし、だんだん増えてきてもいて、価格も上がっているようです。

 

この魚は大きいものはとてもおいしいので、もっと広まれば確実に値が上がる魚だと思います。

逆にお手頃価格なうちに食べてみるのをおすすめします(^^)/。

 

 

ツムブリの旬はいつ?

ツムブリは、漁獲があり流通があれば、買うことはできる魚です。

おいしいとされる旬は、秋から冬です。

 

大きいものは、この時期でなくても脂が乗っていますが、寒い時期はさらに脂が乗るそうですよ。

 

 

ツムブリのおすすめの食べ方は?

ツムブリは、刺身がかなりおいしいです。

 

マグロとはまた違った、アカサバ(ハチビキ)やオニアジに近いような赤色の身をしています。

これが、関東では敬遠されていた理由ではないかと個人的には思います。

 

しかし、食べてみると、とてもおいしいです。

甘みと旨みがあります。

たしかにアジの仲間だな、とわかる風味もしました。

 

ねっとりとした食感で、とてもいいお味でした。

ぜひまた食べたい!と思いました。

 

焼くのもおいしいです。

 

  

切り身にするとこんな感じです。

ほんとに身が赤いですね。

 

私は、酒・みりん・しょうゆを同じ割合で混ぜた液に、一晩漬けて焼く「幽庵焼き」にしました。

  

一口大に切ったツムブリの身を、上記の液にひとばん漬け、フライパンで焼きました。

ちょっと焦がしてしまったものの、身質は若干固いと感じましたが、味が良かったです。

「漬魚」に向いている魚だと思いました。

 

同様に、照り焼き、塩焼きもおいしいと思います。

煮付けてもおいしいです。

 

アラからはいい出汁が出ますので、もし手に入ったら、アラ汁や潮汁で食べてください。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「ツムブリ」についてお伝えしました。

味がよく、大型だと脂ものっていて、かなりおいしい魚です。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!