【イカ】「ヤリイカ」は柔らかくて人気のあるイカ!主な産地や旬は??

【イカ】「ヤリイカ」は柔らかくて人気のあるイカ!主な産地や旬は??

イカは昔から庶民の味方の魚介類です。

安くておいしいのでよく使われてきました。

 

現在は以前より獲れなくなり、価格も高騰してしまいましたが、たまに安く買えることもあります。

今回は、巷で「やわらかくておいしい」と評判の「ヤリイカ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ヤリイカはどんなイカ?

「ヤリイカ」という名前は、その姿形からきています。

槍の穂先のように尖っているところから名付けられています。

 

胴体は長く、エンペラとも呼ばれる「耳」の部分は大きいです。

逆に、脚の部分「ゲソ」はか細くて小さいです。

 

この胴体にこのゲソは、割合がなんだか偏りすぎているように思ってしまいます。

他のイカのゲソと比べると、ほんとにかわいらしいゲソなんですよ。

 

我々がお店で見る時は、赤茶色や小豆色のような色をしていますが、これは捕獲されて興奮して赤茶色になってしまっているそうです。

ふだん、海に居る時は、白くて透き通っています。

 

ヤリイカは、日本全国の沿岸で獲れます。

 

<スポンサーリンク>

ヤリイカの旬はいつ?主な産地は?

ヤリイカの旬は、冬から春です。

 

先に、「若イカ」とも呼ばれる「小ヤリイカ」が、夏から秋にかけて入りはじめます。

小さい「小ヤリイカ」の時は、本当に小さいので、かわいいですし、柔らかくておいしいです。

 

秋も深まってくると、ヤリイカもだんだん大きくなります。

そして冬がピークになり、春まで続きます。

 

ピーク時のヤリイカは30センチから40センチくらいまで大きくなり、価格も高くなります。

(オスのほうが大きいそうです。)

 

ヤリイカは、日本全国の沿岸で獲れますが、主な産地は青森県、北海道、宮城県、長崎県、佐賀県などです。

 

 

ヤリイカのおいしい食べ方は?まずは刺身でどうぞ!!

ヤリイカは、やはり刺身がおすすめです。

鮮度がいいものが手に入ったら、ぜひ刺身にしてください。

 

エンペラと胴体は、お互いを持って引っ張るなどすればすぐ取れます。

スルメイカと違い、流水でポロポロと皮ははがれますので、やりやすいですよ。

 

中の、プラスチックの板のような「軟甲」は引っ張るととれますが、途中でちぎれることも多いです。

そういうときは、開いた時に取ってしまえばOKです。

 

胴体に包丁を入れて広げたら、中のワタや薄い膜を取ってしまいます。

このとき、取りそこねた「軟甲」がないかもチェックしましょう。

 

ヤリイカのワタは食べないほうがいいと思います。

 

蛍光灯で透かすなどして、寄生虫がいないかチェックしてください。

心配な場合は、一度冷凍(24時間以上)してから解凍して刺身にしてください。

 

ゲソは目玉などを取れば、あとは炒めものやボイルで食べられます。

エンペラの皮もすぐはがれますので、はがしておきましょう。

 

ヤリイカは、刺身にすると非常に柔らかいイカです。

柔らかいだけではなく、心地よい歯ごたえも感じられます。

 

甘みが強いです。そして旨みもしっかりあります。

刺身はかなりおすすめです。

 

エンペラやゲソは、特に味もつけないで、フライパンでソテーだけでもかなりおいしいです。

加熱してもおいしいし、あまり固くならないですよ。

 

小さい小ヤリイカは、下処理(ワタを取るなど)後にボイルして、マヨネーズをつけて食べたり、サラダの具や、煮物にもいいと思います。

扱いやすいイカですので、気軽に使って食べてみましょう(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「ヤリイカ」についてお伝えしました。

槍の穂先のように、形は尖っていますが、非常に柔らかく、甘みもあるイカです。

 

スルメイカは皮がむきづらいのですが、ヤリイカは面白いようにつるつるとむけます。

 

扱いはとてもやりやすいイカです。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*