【魚】ハガツオ(歯鰹)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(キツネガツオ)

【魚】ハガツオ(歯鰹)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(キツネガツオ)

今回は「ハガツオ」(歯鰹)についてお伝えします。

カツオに似ていますが、違う種類の魚です。

 

高級魚ではありませんが、流通が少ない魚です。

刺身ですとおいしいので機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

ハガツオはどんな魚?

ハガツオ(歯鰹)は、サバ科ハガツオ属の魚です。

かなり、カツオに似ています。

 

縦に筋があるのが、カツオと違う特徴です。

 

また、顔が細長いので「キツネガツオ」とも呼ばれます。

以前は「キツネガツオ」が標準和名だったそうですよ。

 

現在でも、関西や九州、四国では「キツネガツオ」と読んでいる地域があります。

東京や神奈川では「トウサン」「トウザン」とも呼ばれています。

 

カツオに似ていますが、上記した縦縞や顔つきの違いのほかに、歯が犬歯のように鋭い、ということが挙げられます。

この歯の特徴から、現在では「歯鰹」という標準和名となっています。

 

ハガツオは、熱帯や温帯の海域に生息しています。

あたたかい海にいるんですね。

 

生息数が少なく、市場に出回るのは、カツオやサバといっしょに漁獲された時です。

獲れたら出回る、というタイプの魚です。

 

昔は、獲れた産地で消費していた魚です。

地元の人のおかずに使われていました。

「惣菜魚」という存在です。

 

現在でも惣菜魚として切り身が安く売られているそうです。

しかし、なかなか一般のスーパーでは見かけないですよね(^_^;)。

 

ハガツオはそんなに高値はつきません。

現在は鮮度がよいまま流通されるので、刺身でも食べられることが増えてきました。

 

 

<スポンサーリンク>

ハガツオの旬はいつ?

ハガツオは回遊魚です。

春から夏にかけては北海道当たりまで北上し、秋になると南へ戻っていきます。

 

日本の沿岸では初夏から秋にかけて獲れます。

もっとも多く穫れる時期は8月から10月です。

 

たくさん漁獲される時期と、おいしいとされる時期にずれがあります。

 

脂が乗っておいしく「旬」と言われるのは、秋から晩秋にかけてです。

 

この時期に鮮度の良いハガツオに出会えるとかなりラッキーですね(^^)/。

 

 

ハガツオの主な産地は?

ハガツオの主な産地は、太平洋側ですと鹿児島県、高知県、和歌山県などです。

東京では千葉県で獲れたハガツオが流通しています。

 

日本海側では、長崎五島、山口県、鳥取県、福井県などです。

どこも魚がおいしいところですね。

 

古くはあまり鮮度が良くなく、加熱調理するしかなかったのですが、流通や扱いに変化があり、鮮度のいいまま流通するようになりました。

そのため、獲れて次の日くらいまでのハガツオなら生食OKになりました。

 

生食はとてもおいしいので、人気が上がってきています。

魚屋で「刺身用」のハガツオを見つけたらかなり運がいいと思います(^^)。

 

ハガツオのおいしい食べ方は?

色、見た目、身質、味ともに、カツオとサワラを足して2で割ったような感じです。

カツオのように、刺身やタタキにするとおいしいです。

 

 

腹骨をすいたあたりの身はほどよく脂がのっていました。

とても柔らかい身です。

 

皮をむいた血合いのあたりは数時間で色が変わってしまいます。

できるだけ早く食べたほうがいいです。

 

そして身もだんだん白っぽくなっていきます。

 

味も食感も、たしかにサワラとカツオの中間、といった感じでした。

真夏のハガツオでしたので、脂ののりはそこまでではなかったです。

さっぱりとした味わいで、私はかなり好きでした。

 

関東では昔から煮るか焼くかして消費していました。

 

しかし、焼くと固くなります。

焼きたい場合は、幽庵焼きがおすすめです。

幽庵焼きは、酒・みりん・しょうゆを同量合わせた下地に、魚の身を半日から1日漬けてから焼く料理です。

 

煮付けはおいしいです。

甘辛でもあっさりめに煮付けます。

煮ることで味を染み込ませるのではなく、ある程度煮たら火を止めて、1時間くらいそのままおいておきます(「鍋止め」といいます)。

そうやって味を染み込ませてから食べるといいですよ。

 

唐揚げも美味だそうです。生姜醤油に漬けて揚げるのでしょうか。

味を染み込ませて調理するのに向いているようですね。

 

現地の人のおかずになっていた「惣菜魚」だけあり、刺身でもタタキでも煮ものでも、ご飯にとても合うような気がします。

生息数が少ないそうですので、多くの流通は望めないですが、機会があればまたぜひ食べてみたいです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「ハガツオ(歯鰹)」についてお伝えしました。

あまり多く出回らない魚なので、ぜひこの魚の存在を頭の片隅に置いておいて、出会ったら必ず食べておきたいと思ってしまう、おいしいお魚です。

 

人気があがってきているので、一般へもっと出回ることが期待されます。

とてもおいしい魚ですので、機会があれば食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!