「メヌケ」はおいしい高級魚!アラもおいしいので見つけたら買って食べてみよう!(アコウダイ)

メヌケはおいしい高級魚!アラもおいしいので見つけたら買って食べてみよう!

「メヌケ」という魚がいます。

赤くて大きい深海魚です。

高値がつくお魚ですが、アラもかなりおいしいので見つけたらぜひ食べてみるのがオススメなのです。

今回は「メヌケ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

メヌケは深海にいる魚!釣り上げられると目が飛び出すので「目抜け」と呼ばれる!

メヌケにもいくつか種類があります。

上の写真の魚はおそらく「サンコウメヌケ」だと思います。

(この魚がいた市場では「メヌケ」とされていました。)

 

相模湾から北海道まで分布する魚です。

水深200mから500mの海底にいます。

エビ、イカ、魚を食べています。

この深さから釣り上げられるので、水圧の関係で目が飛び出してしまうのだそうです。

 

 

このような外観で、目が飛び出ている赤い魚を「メヌケ」と総称しているようです。

もう1種「アコウダイ」という似た魚がいるのですが、その魚との見分けもなかなか難しいそうです。

 

アコウダイと思われる魚をメヌケと呼んでしまっているのも見かけます。

その逆も見かけます。

場合によってはあんまり厳密に分けて考えていないかもしれませんね(^_^;)。

私も正直、確固たる自信はありません(^_^;)。

 

 

高級魚です。デパートでは1匹数万円で売られていることもあるそうで、なかなか見かけない魚です。

昔は安かったそうですが、近年ではとても高くなってしまっています。

 

<スポンサーリンク>

「メヌケ」は間違いなくおいしい魚!旬はいつ?おいしい食べ方は?

 

旬は秋から春です。(アコウダイも同様です。)

5月くらいまでは出回っているようです。

エラの中辺りはノドグロのように黒いですが、身は白身で旨味のあるいい味をしています。

 

この魚の一切れが、国産牛のステーキに匹敵する値段くらいになってしまうのではないでしょうか。

しかし、安くなっていることもあります。

アラなどは特にそうです。

もしアラを見つけたら買ってみてください。

 

この魚は刺し身でも寿司でもおいしいですが、かなり高級になります。

もともとは煮魚で食べられていましたので、煮魚もおいしいです。

そして、洋風にポワレやムニエルにしてもおいしいです。

 

味が淡白で上品で深みがあり、脂がのっていて、この脂が甘みのある、いいお味がします。

とにかく非常においしい魚です。

個体数が少なく、ここまでおいしいと、高級になってしまうのもわかります。

 

 

 

メヌケは「ノドグロ」のように、エラのあたりの内側が黒いです。

私はアラを手に入れましたので、甘辛く煮て、煮魚にして食べました。

(オリーブオイルとにんにく、トマトを使い「アクアパッツア」にしてもおいしいです。)

 

頭やカマにも身がついていますので、けっこう食べごたえがあり美味しかったです。

切り身にはなかなか手が出なくても、アラが見つかれば食べてみるのをおすすめします(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は高級魚の「メヌケ」についてお伝えしました。

私が見た魚も、もしかしたら「アコウダイ」「アコウ」とも呼ばれているのかもしれません。

正直、調べても答えのはっきりしない結果でした(^_^;)。

 

目が飛び出ていて赤いのがかなり目立った特徴なので、ひとくくりに「メヌケ!」「アコウダイ!」とされているのかな、という感想です。

サンコウメヌケとアコウダイの識別が特にされてない所もあるのかな、という気もします。

 

この動画の魚は私が見た「メヌケ」にそっくりなのですが、動画内では「アコウダイ」となっています。

どちらにしても、かなりおいしい魚なのは確かです(^^)。

 

↑このように、通販でも「アコウダイ 別称:メヌケ」と表記されており、あまり細かく気にしなくてもいいのかもしれませんね(^^)。

チャンスがあればぜひ食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*