寿がきや「辛辛魚(からからうお)」はかなりおいしいラーメン!見つけたらラッキー!

寿がきや「辛辛魚(からからうお)」はかなりおいしいラーメン!見つけたらラッキー!

寿がきやに「辛辛魚」(からからうお)というカップラーメンがあります。

2009年1月に発売され、今年2020年で11年を過ぎました。

とてもおいしいことで有名で大人気のカップラーメンです。

今回は辛辛魚についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

寿がきや辛辛魚(からからうお)は石神井の有名ラーメン店の味を再現!

「辛辛魚」は、東京の練馬区石神井にある人気ラーメン店の味を再現するカップラーメンです。

2009年の発売以来、絶大な人気を誇っています。

なので、なかなか入手が難しいラーメンです。(すぐ売り切れてしまう。)

 

今年は2020年2月に発売されました。

ここ数年は毎年発売されているようです。

 

だんだん世の中の在庫が少なくなり、入手困難になってくると、

ネット上でも「プレミア」みたいなのがついて、カップ麺の価格としては異常と思える値段で販売されています。

例えば、↑のような感じです。このような価格でも売れるのかどうかは定かではありません(^o^;)。

 

私は、今回たまたまイトーヨーカドーでイベントで販売されていたのを買うことができました。

もちろん、あっという間に売れてしまいました。

売っている時にまとめ買いするといいのでしょうが、あまり買い占めもよくないかと思い、3つほど購入しました。

 

<スポンサーリンク>

寿がきや「辛辛魚(からからうお)」はかなり辛いので注意!でも非常においしい!!

  

このラーメンは、大人気とは言っても、スーパーで買うときには特に飛び抜けて高価というわけではありません。

正確な価格を忘れてしまいましたが、300円は超えなかったと思います。

有名ラーメン店監修の他のカップ麺と同じくらいの価格、280円ほどです。

フタの写真の真ん中にそびえ立つ、「粉」がポイントのラーメンです。

 

このように、3つの袋が入っています。

液体と「後入れ粉末」はおいといて、右の「かやく入スープの素」をお湯を注ぐ前に入れます。

 

  

ほんのり赤みのある粉末です。

ここにももしかしたら「辛味」が入っているのかもしれません。

具材はネギのみです。

 

熱湯を注ぎ、フタをスープの袋で抑えます。

4分待ちます。

 

液体スープを入れてよーーくかき混ぜたら、粉を「お好みの量」入れます。

全部入れてしまってはいけません。味見しながら様子を見ていれましょう。

非常に辛くなります。

(写真は、全量入れた様子です。)

 

今回は、試しに粉を全量入れました。

あまりにも辛く、ヒーヒー言いながら食べました(^o^;)。

 

豚骨と魚介の組み合わせのスープですが、魚介の旨みが強く、とてもおいしいです。

豚骨のコクとコッテリ感はほどよく、くどくありません。

魚介と豚骨の割合が絶妙な組み合わせの、味が非常に良い、おいしいスープです。

麺も太めの平べったい感じの麺で、コシがあり食べごたえあり、おいしかったです。

 

粉をお好みで、様子を見ながら入れてご自分の好みの辛さに調整して食べるといいと思います。

液体スープのみでは、さほど辛くありませんでした。

 

試しに全量入れて今回食べましたが、後で胃が痛くなってしまうくらい辛かったのでご注意ください(・・;)(^^)/。

後入れ粉末スープそのものは、かなりおいしくできていると思います。

そもそも、辛いものが苦手な方には推奨できないラーメンです(^o^;)。

 

あまりにもおいしくて、食べている時は気づきませんでしたが、このラーメンにはネギしか具材がありません!

なので、お好みで合いそうなトッピングをするといいと思います。

 

しかし、このスープの旨さが複雑で豊かなので、具材の無さがすっかり飛んでしまっていました。

チャーシューやゆで卵、溶けるチーズなんかがいいと個人的に思います(^^)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、大人気の寿がきや「辛辛魚(からからうお)」についてお伝えしました。

遅ればせながら最近知ったカップラーメンなので、よりいっそうこのおいしさに感動しました。

どうも毎年発売されているようなので、また次が発売されたら即購入したいと思います。

辛いものが好きな方はぜひ食べてみてください!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*