ヒゲソリダイはおいしい魚です!旬やおすすめの食べ方は?

ヒゲソリダイはおいしい魚です!旬やおすすめの食べ方は?

「ヒゲソリダイ」という面白い名前の魚がいます。

見た目はゴツいですがおいしい魚なんですよ(^^)/。

今回は「ヒゲソリダイ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ヒゲソリダイはあまり流通していない魚!タイではなくイサキの仲間!

ヒゲソリダイは「タイ」と名前に付いていますが、イサキの仲間になります。

アゴのところに、ひげを剃ったばかりのようなブツブツがあるので、「ヒゲソリダイ」と名付けられたようです。

「ヒゲソリダイ」と言われてこのアゴを見ると「なるほど!」と思います。

昔から自然とそう呼ばれてきたのがよく理解できます(^^)。

 

もとは西日本など、温かい海にいる魚です。

だんだん北上してきて、関東でもよく見かけるようになったそうです。

しかし漁獲量はそんなに多くないので、あまり出回りません。

 

安くもないですが、高級魚というわけではありません。

値段の割にかなりおいしい魚だと思います。

 

ヒゲソリダイは、帯が、体の上のほうから尾びれへ流れていくような模様をしています。

この模様は、大きくなり成長していくと消える傾向にあります。(体長は40センチくらいまで大きくなります。)

なのである程度育ったヒゲソリダイには、この帯が無い場合があります。

 

<スポンサーリンク>

ヒゲソリダイの旬はいつ?

ヒゲソリダイは水揚げがあれば入荷するような魚です。

地元で獲れればそこで消費してしまうくらいの漁獲量だそうです。

なのでもしお店で見かけたら、その時が食べられるチャンスになります。

 

時期がかなり限られている、という魚ではありません。

獲れれば入荷するので、通年、運が良ければ手に入る、という感じでしょうか。

 

この時期が格別においしい!というのもなく、安定しておいしい魚だと思います。

旬は、秋から次の夏と言われています。(晩秋ではないか、という人もいます。)

 

 

ヒゲソリダイのおいしい食べ方は?

そもそもが、味のいいお魚です(^^)。

なので、私はこの魚に出会えたら、非常にラッキーだといつも思います。

 

煮付け、塩焼きなど、オーソドックスな料理がおいしいです。

 

アラ、骨からいいおだしが出ます。

なので、アラ汁、潮汁もおいしいです。

小さい個体を丸ごと焼き魚にしたり、2枚おろしのものを焼いたりした場合は、食べ終えたあと「骨湯(ほねゆ)」にして飲むのもおすすめです。

 

頭にも十分身がついていますので、カマは食べごたえがあり、おすすめです。

身にほどよい弾力があります。

 

ポワレやフライ、アクアパッツァ、生ならカルパッチョといった洋風料理でもおいしいです。

鮮度が心配な場合は、上記のような加熱調理で、安心しておいしく食べられます。

 

そして、いちばんオススメなのが、刺し身だと思います。

 

これは刺身用に柵取りしたものです。

皮と身のあいだにいい脂があって、これがおいしいです。

なので、好きな方は皮付きのまま、「焼き霜」にして食べるそうですよ。

 

そもそもイサキの仲間なので、味はよく、適度な弾力とうま味があり、非常においしい刺身になります。

鮮度やモノがよければ、私はタイよりもおいしいと思ってしまいます(^^)/。

上記のような、煮付けや焼き物で食べるまえに、私は多分また刺し身で食べてしまうでしょう。

 

西日本に多く存在する魚ということもあり、甘口醤油で食べるのがおいしいと思いました。

created by Rinker
マルエ醤油
¥900 (2020/09/19 08:18:38時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん、これはお好みです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「ヒゲソリダイ」についてお伝えしました。

おいしいのですが、なかなか出回らない、若干レアな魚です。

もし見かけたらぜひ買って食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*