「カレイの王様」「幻の魚」マツカワカレイはほんとうにおいしい!

「カレイの王様」「幻の魚」マツカワカレイはほんとうにおいしい!

マツカワカレイはほんとうにおいしい魚です。

名前を覚えておいて、チャンスがあればぜひ食べていただきたいお魚です。

今回は「マツカワカレイ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「カレイの王様」マツカワカレイは裏側に特徴のあるお魚!

マツカワカレイは、「幻の魚」「王鰈(おうちょう)」と呼ばれるくらい、

ランクが高い、超高級魚です。

カレイ類はどれもおいしいですが、特に美味とされています。

 

もう一種、「ホシカレイ」というカレイがおり、こちらも高級魚です。

「東のマツカワ」「西のホシ」と言われているそうですよ(^^)。

 

マツカワカレイの主な産地は北海道の太平洋沿岸などです。

北の方にいる魚ですね。

 

スーパーにはほとんど並ばず、料理店、寿司店に行ってしまいます。

この魚は、養殖物が多いです。

北海道では、ある程度育てて放流しているそうです。

天然物はまれです。

 

このマツカワカレイも、養殖物と思われます。

天然物ですと、ヒレのところに規則的にきれいに文様が入っています。

この個体は入っていないし、そもそも天然物がまれでもあることから、養殖物でしょう。

 

裏が黄色っぽいのも特徴なのですが、黄色いとオスです。

裏が白だとメスになります。

 

体調70センチほどまで大きくなります。

資源保護がされている魚なので、35センチ以上でないと獲ることができません。

なので、市場に出回るのはある程度育ってからになります。

 

カレイ中、もっとも価格が高い魚とされています。

やはりレアな存在でもあります。

魚屋、料理店、寿司店でもし見かけたら、チャンスですのでぜひ食べてみていただきたいです。

 

<スポンサーリンク>

マツカワカレイはやっぱり刺身で!!

マツカワカレイの旬は、夏から秋です。

個人的には、9月頃のイメージがあります。

 

食感、旨み、脂のノリ…何もかもがおいしい魚です。

カンペキな魚ではないでしょうか。

 

やはり、この魚は刺身で食べないともったいない気がします。

肝もおいしく、湯通しもしないで、生で肝醤油にできるそうですよ。

(私は念のため湯通ししてしまうかも…(^o^;))。

 

ヒラメと同様、この魚は「エンガワ」がすごくおいしかったです。

あまりにもうまくて、いつまでも噛んでいたかったです。

 

ほんとに、すごくおいしい魚でした。

高値がつき、スーパーにほぼ並ばないのも分かります。

1回でいいから、寿司屋さんで食べてみたいと思いました!!

 

他には、塩焼き、煮付け、唐揚げなど、カレイとして一般的な料理にも向いているそうです。

しかし、小さいものは出回ることはないですから、唐揚げなどには少々もったいないかもしれません。

やはり刺身がいちばんと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はカレイの王様、「マツカワカレイ」についてお伝えしました。

料理店などで出会ったらその時がチャンスですので、ぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*