カンパチの子ども「ショッコ(汐っ子)」の出回る時期はいつ?おいしい食べ方は?

カンパチの子ども「ショッコ(汐っ子)」の出回る時期はいつ?おいしい食べ方は?

カンパチの小さいものがお店で売られていることがあります。

「カンパチ」と表示されることも多いですが、「ショッコ」「汐っ子」などど書かれていることが多いです。

ショッコはカンパチの幼魚なのです。

今回は「ショッコ(汐っ子)」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ショッコはカンパチの子ども(幼魚)!!

上の写真は、体長40センチにも満たない「ショッコ」です。

ショッコは、カンパチの幼魚です。

 

関東では、ショッコ→シオゴ→アカハナ→カンパチ 

という風に出世する魚とされています。

しかし、東京で「シオゴ」「アカハナ」と表示されて売られているのを、私はほとんど見たことがありません。

 

すごく小さいカンパチを「ショッコ」と呼んで、あとある程度大きければ「カンパチ」と表示して売っているような気がします。

「シオゴ」「アカハナ」という名前で売られることもなくはないのかもしれませんが、ショッコの時期をすぎれば「カンパチ」という名前で売ったほうが、一般的には売れるのではないでしょうか。

上記したような理由で、「シオゴ」「アカハナ」という名前を都市部でほとんど見かけないのではないかと思います。

 

生まれて1年くらいまで成長したのをショッコ、あとは大きくなって1キロを超えればカンパチという名前で流通していると、個人的には思います。

 

<スポンサーリンク>

ショッコの出回る時期はいつ?

ショッコは、小さいカンパチです。

成長過程のカンパチです。

 

 

 

このショッコが出回る時期は、 夏から秋です。

秋が旬と言われています。

私も秋に買いました。

 

 

ショッコのおいしい食べ方は?

    

「カンパチ」と呼ぶにははばかられるような、かわいらしい「ショッコ」ならば、1000円以下で買うことも可能です。

ショッコも、刺身がやはりおいしいです。

 

3枚におろし、皮をひいて、お好みの厚さに切ればOKです。

 

  

若くて、天然ものなので、脂はあまりありません。

だから、身もピンク色になっています。

ちなみに、脂の回ったカンパチは、刺身のサクも全体的に白いです。

 

味は、さっぱりとしていて、さわやかな感じがしました。

九州の甘口さしみ醤油がやっぱり合います。

created by Rinker
マルエ醤油
¥1,080 (2021/07/26 23:46:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

さわやかな、あっさりとさっぱりとした味ですが、アジ科の魚ですから、うまみはあります。

さわやかさは、ショッコの持つ酸味から感じるのだと思います。

 

他には、カマや切り身は塩を振って、普通にフライパンでソテーしました。

(強いて言えば「ポワレ」でしょうか。)

 

  

 

これは思った以上においしかったです。

油を少々多めに使い、こんがりと焼き上げたのが正解だったと思います。

 

なたね油と、魚にも若干ある脂との兼ね合いが、良かったです。

中の身の旨みも引き出された感じになり、家族には「刺身よりうまかった」と言われました。

 

1匹を購入したので、アラも出ました。

これは味噌を使った「アラ汁」にしました。

 

  

 

アジ科の魚ですので、魚からの旨みは出ていましたが、独特の金気(かなけ)に似た、金属くささのようなものを、個人的に感じました。

これは謎だったのですが、家族は「おいしい!」と喜んでいました。

 

アラ汁のダシとしては、私はこれはあっさりしすぎると思いました。

顆粒だしなどを適宜足したり、野菜やわかめ等を入れるなどして旨み/風味を足したほうが良かったです。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、カンパチの子どもである「ショッコ」についてお伝えしました。

カンパチでなく、「ショッコ」であれば、そんなに高くはない魚です。

3枚におろした身や切り身なら、ポワレやムニエル、バター焼き、フライ、天ぷらなど、油を使った料理と相性がいいと思います。

 

カンパチの小さいのですから、味は確実においしいです。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!