【魚】宗田節で有名なソウダガツオ!旬や主な産地は?(マルソウダ)

【魚】宗田節で有名なソウダガツオ!旬や主な産地は?(マルソウダ)

「ソウダガツオ」という魚がいます。

高知県の名産「宗田節」の原料となる魚です。

 

まるごと1匹は、主な産地以外はなかなか出会えない、けっこうレアな魚です。

今回は「ソウダガツオ」(マルソウダ)についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ソウダガツオは2種類!総称して「ソウダガツオ」と呼ばれている!

ソウダガツオには、2種類あります。

「マルソウダ」と「ヒラソウダ」です。

 

この見分け方は慣れていないとなかなか難しく、胴体にある「有鱗域」の範囲や、体高や体の丸さ加減で見分けています。

どちらも一緒くたに、「ソウダガツオ」と呼ばれていることが多いです。

 

  

写真のソウダガツオは、おそらく「マルソウダ」と思われます。

販売店では「ソウダガツオ」という総称でした。

 

関東では、なかなか出回っていない魚です。

関東で売られる場合はかなり安いです。

 

「ソウダガツオ」の産地は、高知県がダントツトップです。

他には、長崎、富山、宮崎、神奈川などが続きます。

 

高知県は「宗田節」で有名ですから、昔からのソウダガツオの産地であり消費地なんですね。

created by Rinker
だし屋ジャパン
¥1,600 (2021/04/14 13:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

そばつゆに使われることの多い節です。

 

ソウダガツオの旬は、晩秋から冬です。

お店で、丸体の鮮魚で出会えるチャンスが多いのも、この時期かと思われます。

釣りのターゲットにもなっているので、釣ったことがある人も多いです。

 

ソウダガツオは鮮度に注意!慣れてないなら血合いは取り除いて調理を!!

ソウダガツオは、鮮度が落ちるのが速い魚です。

鮮度が落ちるにつれ、ヒスタミンが発生するそうで、アレルギー反応(ヒスタミン中毒)が起こりやすくなります。

敏感な方や、アレルギー体質の方は十分注意してください。

 

私はヒスタミンには弱いので、今回は少々もったいないかもしれないですが、しっかり血合いは取り除いて、加熱調理で食べました。

 

3枚におろすと、こんな感じです。

血合いと身の部分がはっきり分かれており、わかりやすいです。

わかりやすいので、取り除きやすかったです。

 

中骨を切り取り、4半身にした状態です。

血合いの部分がはっきりわかります。

 

血合いを取り除いたあとの様子です。

 

このようにして、血合いを取り除くと、かなり歩留まりが悪くなってしまいました。

アレルギーを心配してここまでやってしまいましたが、初めて食べる魚でもあり、今回は安全策をとりました。

鮮度は悪くありませんでした。

 

今回は、「フリッター」で食べてみました。

唐揚げなどでおいしい、と言われていたからです。

 

  

 

さすが、いい出汁が出る「宗田節」になる魚です。

味がとても良かったです。

 

脂はあまりのっていませんでしたので、こういうフリッターみたいな料理にしてよかったと思います。

油を使った料理に向いているのは確かです。

 

身にクセはなく、深い味わいがあり、とてもおいしいフリッターになりました。

タラなどを使ったものより、旨みの深いフリッターになったと思います。

 

おすすめの料理法だと思います(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「ソウダガツオ」(写真はおそらくマルソウダ)についてお伝えしました。

2種のソウダガツオが存在しますが、なかなか見分けは難しいです(^_^;)。

 

ヒスタミン中毒の恐れがある魚なので、鮮度や血合いには十分気をつける必要があります。

しかし、それに気をつければ、味はとてもいい、おいしい魚だと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*