辛ラーメン!もっとおいしく食べるには?水の量や卵にポイントが!

辛ラーメン!もっとおいしく食べるには?水の量と卵がポイント!

みんな大好き、辛ラーメン

ネット検索すれば、多くの方が「おいしい食べ方」をアップしています。

それだけ、日本国内でも愛されているインスタントラーメンですね。

 

今回は、私が個人的に、こうした方がおいしいのでは…という方法をお知らせします。

何か特別なことをしているわけではありません。

気楽にお読みください(´▽`*)。

<スポンサーリンク>

水の量を、袋の説明通りにしない。

(写真引用元:農心公式サイト

メーカーさんには申し訳ないですが、私は、まず、水の量を袋の説明より少なくします。

(他の袋めんも同様です。)

 

なぜだかわからないのですが、私個人の好みなのだと思うのですが、どうも、

インスタント袋めんは、袋通りの水量だとおいしくない

のです。

煮込み時間は、日本のインスタント袋めんなら、3分が大半だと思います。

 

辛ラーメンは、4分半とのことです。

 (なぬ、スライスチーズ、カレールウとな⁈)

 

この4分半を守っても、550㎖の水量では、私にとっては味が薄く感じるのです。

なので、私だけでなく、私の10代の子どもたちも、450㎖くらいで煮込み、

煮詰めてしまいます。

 

↑450㎖くらいで、4分半煮詰めて、これです。この写真はかなり煮詰めてしまった方ですが…。

これが辛くって、旨い!!のです!

 

はウチではマストです。

以下のようにできあがります。

卵をいれたので、スープの色が茶色っぽくなります。

辛さは、スープが煮詰まっているので、凝縮された感じで存在しています。

 

ウチの場合、

★450㎖~480㎖くらい、袋の表示より少ない水量で、4分半は守って煮込む。

★最後はその辛さをマイルドにするため、コクを出すため、に溶き卵を入れて仕上げる。

ということをやっています。

これが、我が家でのベストでマストな食べ方です!(笑)

★卵については、こちらを見てください。おすすめ!

<スポンサーリンク>

トッピングは、家に、「これだ!」と思うものがあれば、やる。

トッピングは、卵は必ずいれたいのですが、普段は、他にはほとんどやりません。

時々ですが、刻んだネギや、お肉など、その時に家にある食材で、「こうやったらおいしいかも」というのを足しています。

 

いちばんのお気に入りは、豚肉のバラしゃぶしゃぶ用です。

タイマーをかけて煮込んでいますが、だいたい3分くらいの辺りで、豚しゃぶ用を投入します。

そうすると、豚バラの脂からくる甘みで、煮詰めた辛ラーメンの辛さも収まってしまいます。

それは悪いことではなくて、よりいっそう、味が複雑になり、深みが増します

 

インスタント食品なのに、豚肉と卵入れるだけで、こんなにおいしいものができるのか!

とビックリしますよ!

(煮込むから美味しい!と袋もおっしゃってます!)

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「辛ラーメンは水の量を少なくして煮込む」ことでおいしくいただいている、というあくまでも個人の好みをおすすめしました(笑)。

これは、ともかくも、元の辛ラーメンがとてもおいしいものだからできることだと思っています。

辛ラーメンのめんも、最近急にまたおいしくなりました。

スープも、スパイスがオリジナルでブレンドされているとのことで、もちろん、素で煮込んでも十分おいしいと思っています。

 

日夜進化しているなあと、しょちゅう食べているので(笑)、すぐにわかってしまいます。

 

そうそう、白菜キムチを食べながら食べるのもいいですよ!

ラーメンの熱さと、キムチの冷たさの往復も至福の時間です。

★関連記事:おすすめキムチ!モランボンの「絶品あじわいキムチ」!

★関連記事:「辛ラーメンブラック」は「辛ラーメン」より辛くない!?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*