関東の人にもおすすめ!あっさりだしがおいしい「関西風」のマルちゃん「きつねうどん」! 

関東の人にもおすすめ!あっさりだしがおいしい「関西風」のマルちゃん「きつねうどん」!

 (私が食べたのはこのCOOP版です)

赤いきつねって、4種類あるそうですね。

 

私は東京に住んでいるので、たぶん普段は「関東風」です。

しかし、四国育ちですので、子どものころは、きっと「関西風」を食べていました。

赤いきつねは、地方によってスープの味を変えている、なんてこと当時知りませんでした。

 

東京住まいももう20年以上。

関東の味に慣れきっていました。

 

久々に関西版を食べると、おいしかったです!

今回は、関東版に慣れている方にもおすすめの、「関西風きつねうどん」をご紹介します!

(私が今回入手したのは生協なので、COOP版になります。なので商品名に「赤い」はついてません‼)

 

<スポンサーリンク>

「赤いきつね」は日本で4種類!味の違いは?

(写真引用元:東洋水産株式会社公式サイトよりhttps://www.maruchan.co.jp/enjoy/himistu/pop_ak_4.html?height=420&width=674)

公式サイトによると、上の写真のように、4種類作っているそうです。

 

・東日本向け:カツオと醤油のしっかり味。

・西日本向け:カツオ・コンブ・煮干のダシに薄口醤油の上品な味。

・北海道向け:北海道向けに利尻昆布を使った味。

・関西向け:ウルメ鰯を使っている。

(以上公式サイトより引用)

 

私は、普段、「東日本向け」を食べているのですね。

そして、子ども時代は、「西日本向け」だったのでしょうか。

四国の徳島県だったので。

 

40年前の発売当初から、このように味を販売する地域で分けていたようですね。

ただし、東日本向けと西日本向けに2種類でした。

 

2001年から関西風が独立し、2005年に北海道向けができたそうです。

<スポンサーリンク>

COOPの「関西風マルちゃんきつねうどん」のおだしの色は?

ここで、COOP版の「きつねうどん」って何なのか、確認しました。

 

COOP(「日本生活共同組合連合会」という正式名称)で、有名メーカーの商品に、「COOP」のロゴが入っていて、その生協でしか買えない、ということがよくあります。

こんなケースは、OEM(オーイーエム)というそうです。

OEMとは、「他社ブランドの製品を製造することや、またはその企業のこと」を言うそうです(ウィキペディアより)。

今回の、COOPの「きつねうどん」の中身は、「赤いきつね」とほぼ変わらないそうです。

 

では、さっそく、おだしの色を見てみましょう!

こんな感じです。

関東風の写真があればよかったのですが。

関東風に見慣れている方なら、分かっていただけるのではないかと思います。

かなり、おだしの色が薄いはずです。

 

味は、かなり違います。

「あー、これこれ、これだったわー」と、私ならなります。

 

関東風(東日本版)は、かなり醤油が効いています。醤油感がすごいです。

しかし、関西風は、おだしの見た目どおり、薄味で、「だし」が効いている感じです。

コクが深いです。

 

なので、すすると、口の中にカツオと昆布のだしがひろがるからか、なんだかホッとしてしまいます。

「あーーーおいし♪」という反応になります。

関東風は、キリっと、しっかりと、濃い醤油感のあるおだし、

関西風は、まろやかな、やさしい、だしのコクが効いた、ホッとする味

 

とでもいいましょうか。

これは、どっちがいい、という話では、もちろんありません

 

どっちもおいしいですよ!

 

でも、どっちが好きか、はありますね

やっぱり、小さい時に食べなれてるからか、私は関西風をとりますが…。

 

ただ、この「COOP版関西風マルちゃんきつねうどん」は、関東の方にも大うけのようでして、COOPでは人気商品のようです。

みなさんもぜひ1度お試しください!

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、マルちゃんの「きつねうどん」関西風(COOP版)をご紹介しました。

日本には、4種類の「赤いきつね」があるということ、

そして、今回の関西風とふだんの関東風との違いを比べてみました。

さらに、「COOP版」というものが何なのか、ということも確認しました。

 

日本って、縦に長いからか、一見、このような大量生産商品でも、地域性があって、調べてみると、深いなあ…とつくづく思います。

いつも何気なく買っている商品には、このようにさまざまな企業の工夫だったり、事情だったり、関わりだったり、「いろんなこと」があるのですね。

今後も面白い発見を伝えていけたらと思います!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*