【素朴な疑問】「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは?春と秋で呼び方が違う?

【素朴な疑問】「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは?春と秋で呼び方が違う?

(2020年5月20日更新)

「おはぎ」「ぼたもち」も、下のイラストのようなお菓子ですよね。

 

 

でも、なんで呼び名が違うのでしょう?

「おはぎ」と「ぼたもち」は似ているようで違うお菓子なのでしょうか。

今回は「おはぎ」と「ぼたもち」の違いについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「ぼたもち」と「おはぎ」は基本同じお菓子!春と秋で呼び分けている!

ぼたもちおはぎ、はともにお彼岸の時期に食べる和菓子です。

 

お彼岸の時期とは、以下の通りです。

春のお彼岸春分の日(2020年は3月20日)を「お中日(ちゅうにち)」としての前後3日間、あわせて1週間を「春のお彼岸」と呼びます。

この時に食べる、もち米とうるち米を丸めたものを餡でくるんだお菓子を、「ぼたもち」と呼びます。

 

秋のお彼岸秋分の日(2020年は9月22日)をお中日として、前後3日間、あわせて1週間を「秋のお彼岸」と呼びます。この時に食べる、春のお彼岸と同じ作り方をしたものを、「おはぎ」と呼びます。

 

同じ作り方をした和菓子を春と秋とで言いわけているだけなのです!(※ただし、諸説あります。)

諸説あるのですが、最近では、この「時期の違い」だけで言いわけている、と思って大丈夫です。

 

春のお彼岸の時期は牡丹の花が咲いているのでぼたもち(牡丹餅)と呼ぶようになったそうです。

秋のお彼岸の時期は、萩の花が咲いていることから、「お」をつけて「おはぎ」と言うようになったそうです。

 

<スポンサーリンク>

おはぎとぼたもち、作り方や時期によって呼び名が違う説もある!

現代の認識、全国区での共通認識としては、「ぼたもち」と「おはぎ」はほぼ同じもので、春か秋かで呼び方が違うだけ、ということです。

しかし、呼び方も作り方も違う、という説もあるのです。

 

●牡丹の花、萩の花を意識してそれぞれ形を作っていた。

春のぼたもちは、この時期に咲く牡丹の花のように、大きく、たっぷりとした感じで作られます。

そして、秋のおはぎは、この時の萩の花のように、ほっそりとした感じで作られていた、という説があります。

牡丹は大振りなお花です。

 

Lespedeza ja03

(写真は萩の花※Wikipediaより)

萩の花は、細めのお花です。

 

これにそれぞれ似せて作ったとされています。

お花を実際に見ると、そうだったのかもしれないな…とも思います。

 

季節感を大切にする昔の人のことですから、お花にちなんだのかもしれませんね。

何しろ、夏に作るぼたもちを「夜船(よふね)」冬に作るぼたもちを「北窓(きたまど)」とまで呼んで、四季で言いわけていたというのですから。

 

●ぼたもちはこしあん、おはぎは粒あんだった。

あんこの原材料である、小豆(あずき) の収穫時期は秋です。

収穫したばかりの小豆は皮が柔らかいので粒あんにできます。

そうすると、秋のおはぎは粒あんが使われ、冬を越して春に作られる時は、豆が硬くなっているので、漉してこしあんにして使用された歴史があります。

そうすると、春のぼたもちはこしあんのもの、秋のおはぎは粒あんを使う、という呼び分け方になります。

 

しかし、現代は品種改良や保存技術も進んだので、年中粒あんを使うことが可能になりました。

これが、現代では春でも秋でも粒あんを使用している一因でしょう。

そうすると、呼び分けがあまり意味がなくなってきますね。

 

上の写真は、春のお彼岸の時期にスーパーで売られていた「おはぎ」です。

春ならば「ぼたもち」なんでしょうけども。

このように、和菓子メーカーすらも呼び分けたりしない時代に、今は突入したのかもしれません(^^)/。

 

他に、

●ぼたもちはもち米メイン、おはぎはうるち米メイン、という材料の分量の違いがある。

●あんこで覆うと「ぼたもち」、きなこをまぶすと「おはぎ」と呼び分ける。

という説もあります。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、素朴な疑問、「ぼたもち」と「おはぎ」の違いについて、お伝えしました。

「ぼたもち」は春のお彼岸につくるもの。

「おはぎ」は秋のお彼岸につくるもの。

作り方はほぼ同じ。

になります。

 

ぼたもちにしろ、おはぎにしろ、親しみやすくおいしいお菓子ですが、これが年に2回食べられるのは普通に嬉しいことです(^^)。

通販でも買えるし、冷凍食品で売られているのも見かけますよ。

多くの人に愛されているお菓子ですね!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*