日本のグレープフルーツ!美生柑(みしょうかん)!(河内晩柑・かわちばんかん)どうやって食べる?

和製グレープフルーツ!美生柑(みしょうかん)!旬は?どうやって食べる?

美生柑(みしょうかん)を知っていますか?

またの名を河内晩柑(かわちばんかん)と言います。

「ジューシーオレンジ」というのも同じかんきつです。

 

いずれかの名前で、お店で見たことがあるのではないでしょうか。

どれも種は同じです。

どんなかんきつなのでしょうか?

今回は「美生柑」について、お伝えします。

<スポンサーリンク>

美生柑=河内晩柑!なんで名前がいくつもあるの?

「美生柑(みしょうかん)」という名前で見かけることの方が多いような気がしますが、種類の名前としては、「河内晩柑(かわちばんかん)」です。

 

美生柑は、主要生産地である、愛媛県愛南町のマルエム青果がとった登録商標であるため、マルエム青果産ではない産地の河内晩柑は、美生柑と名乗れないそうです。

 

愛南町は、以前「御庄(みしょう)町」といったので、その音から、この美生柑という名前がつきました。

そうすると、美生柑といって販売されているものは、全て、愛南町のマルエム青果からきたことが分かります。

 

他の産地からは、「河内晩柑」とか、「ジューシーオレンジ」という名で売られます。

なんだか消費者側からすると、名前が複数あるのはややこしいなあ、と思いますが(;^_^A。

今後、美生柑、河内晩柑、ジューシーオレンジ、を見たら、どれも同じ種なんだな、と思ってください。

 

<スポンサーリンク>

河内晩柑(美生柑)の歴史

河内晩柑は、大正の終わりごろに発見された種です。

熊本市の河内町の西村さんという方の庭にて発見されました。

いつのまにか発生していたらしいです。

 

こういう事例を、「偶発実生(ぐうはつみしょう)」といいます。

人間が意図して交配させたのではなく、親がどの種かわからないまま、いつのまにか交配して、親より優れた種が生まれてくることらしいです。

 

ただ、文旦の流れをくむのではないか、と言われています。

たしかに、苦みは文旦にそっくりです。

(以前、「はるか」をご紹介しましたが、これもある家庭のお庭に、いつのまにかできていた新しい品種でした。

果物にはけっこう多いケースのようです。面白いですね。)

 

河内晩柑の旬はいつ?他のかんきつでは見られない「珍百景」も?!

さて、旬はいつ?ということですが、このかんきつの「旬」というのもまた面白いのです。

出荷され、店頭で買うことができるのは、だいたい早くて3月下旬から、終わりは7月上旬くらい、と、春の終わりから初夏にかけて、になります。

ほかのかんきつが終わるころに遅く実るから、「晩柑」、というらしいです。

他のかんきつはほぼ4月には終わってしまうので、夏の始めまで残るかんきつはこの美生柑くらいです。

 

この販売される時期もユニークなのですが、実る時期もユニークなのです。

なんと、このかんきつは木の上に1年以上くっついているらしいのです!

花が咲くのが5月。そこから、12ヶ月から15ヶ月、木についていることができるので、木の上で実らせて完熟させてしまうそうです。

そうなると、越冬するのですが、年を越して、次の花が咲いて、新しく実るころに、1年先輩の大きな実もくっついている、という、他のかんきつでは見られない光景になるのです。

これはかなりユニークではないでしょうか。

美生柑のお味は?どうやって食べるのがいい?

見た目もグレープフルーツっぽくないですか?

色が特に似ています。形が独特なので、(少しだけ上のほうが細い形状)見慣れるとすぐわかるようになりますよ。

2つに切ると、こんな感じです。

もうスプーンですくって食べる、という感じですね。

外皮は固くはないので、すこしナイフで切れ目を入れれば、手でむいて食べられます。

内側の薄い皮は食べないほうがいいでしょう。

なので、上の写真のように切って、スプーンですくうか、「スマイルカット」に切って、薄皮を取り除きながら食べるのがおすすめです。

かなりジューシーで、果汁がしたたり落ちますので、おいしいですが、そこがちょっと大変かもしれません。

逆に、絞って飲むのもおすすめです。

文旦の流れをくむ、さわやかな苦みと、ジューシーさは、初夏にはレモネードみたいにしていただくのもいいかもしれませんね。ジャムにもいいそうですよ。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、かんきつ類のなかでは、旬も生態もユニークな、河内晩柑(美生柑、ジューシーフルーツ)についてお伝えしました。

文旦ほど大きくはないですが、食べやすく、ジューシーなので、初夏まで楽しめるのはありがたいですね。

甘いかんきつが苦手な方にもおすすめです!

名前が複数あってややこしいですが、ここで覚えてもらえれば、あとは安心して7月まで楽しんでいただけると思います(^^)!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*