キットカット「毎日のナッツ&クランベリー・ルビー」!「ルビーチョコ」を使った新しいおいしさ!

80年ぶりの新種「ルビーチョコ」が気軽に手に入るようになった!キットカットの「毎日のナッツ&クランベリー・ルビー」!

2018年に登場して世間をあっと言わせた、「ルビーチョコ」。

独特のピンク色は、カカオ由来の天然の色で、人工の色にはない、人を惹きつけるオーラを放っています。

ダーク、ミルク、ホワイトに次ぐ、80年ぶりの「新種」なのだとか。

 

世に本格的に表れた2018年にはまだ普通に買えるものではありませんでしたが、2019年春、とうとうコンビニでも買える時代がやってきました!

それが、キットカットの「毎日のナッツ&クランベリー ルビー」です!

今回は、2019年3月25日に発売されたばかりの、「毎日のナッツ&クランベリー ルビー」について、ご紹介します!

<スポンサーリンク>

3種しかなかったチョコの世界が、4種に変わった!

チョコレートのベースとなるものは、実は長い間、3種類しか存在していませんでした。

ダークミルクホワイト、です。

この3種をベースにして、現在までの星の数ほどあるチョコレート製品が作られてきたわけです。

(最近のブームの「抹茶」は、ホワイトがベースですよね。)

 

この、3種に、ホワイトの登場から80年ぶりに加わることになったのが、「ルビー」です。

 

そう考えると、すごいことですよね!

80年間、ダークとミルクとホワイトしかなかったのですよ。

 

そして、我々人類は、ダーク、ミルク、ホワイトしかなかった世界に、なんと、「ルビー」という、思いもよらない新種を迎えることになったのです!

 

ダークミルクホワイト。

ダークミルクホワイトルビー。

 

これは私には非常に驚きと感動で、大革命じゃないか!と思いました。

チョコレートも、とうとう新時代がやってきたのです!

一人で大感動してしまいました。

 

<スポンサーリンク>

ルビーチョコってどんなチョコ?

さて、ルビーチョコの登場がどれだけすごいか感動したところで、実際、どんなチョコなのか?調べてみました。

 

まず、「ルビーカカオ豆」というものが存在します。

それを見つけ出さないといけません。

ルビーの色と味が天然に出てくる物質が存在する、カカオ豆を特定しないといけないのです。

(ここらへん、難しいので、間違っているところもあるかもしれませんが…(;^_^A)

スイスに、チョコレートの大手、バリーカレボー(Barry Callebaut)社があります。

ここが約10年にわたり研究し続けた結果、「ルビーカカオの持つ綺麗な発色を、最大限に引き出す特殊製法を開発した」そうなのです!(ネスレHPを参照)。

 

カレボー社の公式サイトもみましたが、難しい…。

何か難しいことをしてあのルビーカカオを抽出したらしい…。

これくらいは理解できました(;^_^A

やっぱり、なんだかすごいことなのですよね。

 

とにかく、色が美しい!

そして、色から連想する、期待を裏切らない酸味のさわやかな味!

この2要素とも、天然由来なのです!

すごい素質を持った子が出てきた!という感じですね。

 

こんな逸材の素材を天然のカカオから抽出したなんて、どんだけの技術だ…((((;゚Д゚))))と思います。

 

新しすぎる「ルビーチョコ」を早くも普段使いにしてしまったネスレの「毎日のナッツ&クランベリー ルビー」!

パッケージは、ルビーチョコの色をイメージしていますね。

コンビニで買えるスタンドパックで、税抜158円ほどです。

あまりたくさんは入っていませんが、おやつ時間に楽しむには充分と思います。

すこしあずき色に見えてしまいますが…。

この中に、いつものキットカットの生地と、ナッツとクランベリーが詰まっているのです。

ごくごく軽い食感に、ナッツとクランベリーの味とルビーチョコの酸味があいまって、非常においしいです。

買って食べてみて、本当に良かったです。(笑)

ベリー系チョコがお好きな人には、おすすめです!

新種の、まだまだ貴重であろう、「ルビーチョコ」を気軽に食べられるようにしてくれて、ありがとう(^^)という気持ちです。

 

次は、池袋とかにあるキットカットの専門店で、「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」をぜひ買ってみたいです!!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、新種のルビーチョコを早くも普段使いとして可能にしてしまった、ネスレの「キットカット毎日のナッツ&クランベリー・ルビー」をご紹介しました。

2017年の発表から約2年。いよいよ、チョコレートも「新時代」ですね。

いろんなことが終わり、いろんなことが始まるこの時期。

ルビーチョコを知らなかった時代があったことを不思議に思う時代がくるのでしょうか。

美しい色、天然の酸味。

これからも様々なスイーツに使われ、ハイレベルなショコラティエやメーカーが、チョコレートを、さらに見たこともない世界へどんどん進化させていくのでしょう。

それを想像すると、非常にワクワクします。

★関連記事:ファミマ先行販売!トーラクの「ルビーチョコレートプリン」!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*