おいしいレトルトのバターチキンカレー!神田神保町「マンダラ」から!

おいしいレトルトのバターチキンカレーを発見!神田神保町の「マンダラ」から!

バターチキンカレーについては、以前にもご紹介しました。

作り方も意外と簡単でした。

おいしいレトルト食品もありました。

前回に加え、もう一つ、とてもおいしいレトルトバターチキンカレーを見つけましたのでご紹介します!

それは、カレーの伝統的激戦区、神田神保町の「マンダラ」のバターチキンカレーです。

<スポンサーリンク>

カレー激戦区!神田神保町の「マンダラ」のカレー!

千代田区の神田神保町というところは、昔から「カレー激戦区」と呼ばれていました。

大学が多い→学生が多い→本屋が多い→スプーン片手に本が読める食事が人気→カレー店が増える。

という流れでカレー屋が増えたのではないかと言われています。

 

また、カレーは原価を安くしようと思えばいくらでもできる料理の1つですよね。

ご飯がいくらでも食べられるから、大盛にしやすいメニューです。

「質より量」の若者なら、具が多少少なくても、安価ならば許してくれそうですしね。

 

また、神保町からお茶の水方面は、書店や楽器店が多いです。

かなり、マニアックな、こだわりのある方が多い街です。

そうしますと、こだわりのある喫茶店やカレー店が発達しそうな気もします。

コーヒーや、カレーは、奥が深いですから…。

(どちらも、本読みにはぴったりの飲食物です。)

ゆえに、コーヒーやカレーは、神保町にはピッタリだと思います。

(あくまでも私個人の感覚によるものですが…。)

 

さて、そんな街に、30年以上営業し続けている「マンダラ」も、こだわりを持つお店です。

S&Bカレー名鑑vol.1 神田神保町『マンダラ』」というページに、詳しくお店の成り立ちやこだわりが書かれていました。

<スポンサーリンク>

「マンダラ」のバターチキンカレーの特徴!

マンダラのバターチキンカレーの特徴は、「カシューナッツ」ではないかと思います。

カシューナッツ、というのは原価の高い食材ですが、これをふんだんに使うことで、油っこさを抑えて、なおかつ甘みと風味が出せるそうです。

これを、レトルトでもできるだけ再現しています。

スパイスにも、もちろんこだわりがあり、独自に調合をしたガラムマサラを使用しています。

レトルトで食べた時、目が覚めるような気がしました。

「おいしいーー!」この一言のみでした。

味が複雑すぎて、口の中に旨みといろんなスパイスやカシューナッツ、トマト、クリーム、バターなどの味がいっぺんに拡がるからでしょうか。

 

スパイスの辛味はあとから来ます。これもまた後からくるのがいいのです。

 

カレーって、こんなに時間差で後味まで来るのか…。と感動しました。

時間差で魅せる、大玉の花火のようです。

余韻が、いつまでも口の中で残るのです。

スパイスの調合が、かなり緻密なのかもしれません。

 

口の中で様々な味が複雑に大爆発します。

うまいー!と思ったら次に、スパイスの刺激と旨みがじわーっと残るのです。

こんなに、レトルトカレーをおいしいと思ったことはありません。

(おいしいレトルトカレーはたくさんありますが…。)

 

なんと、これを食べて、「レトルトでおいしいと思ったのは初めて」と言って「マンダラ」へ来店する人もいるそうです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、数あるおいしいレトルトカレーの中でも、特においしいと思った、神保町「マンダラ」の、レトルトのバターチキンカレーをご紹介しました。

レトルトカレーで、こんなに目が覚めるような思いはしたことがありません。!(^^)!

かなりすごいレトルトカレーだと思います。

 

まだまだコンビニなどでは買うことができるようです。

私はファミリーマートで購入しました。

 

 

こういう商品は、はっと気づくと販売終了になってたりしますので、ぜひ、手に入るうちに食べてみるのをおすすめします!

★関連記事:家にあったら食べる時にすこし加えてみるのもおすすめ!ココナッツオイル!

★関連記事:おいしいレトルトハヤシ!エスビー『噂の名店』「浅草ビーフハヤシ」!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*