期間限定!食べられるのは今のうち?!タカキベーカリーの期間限定「レモンケーキ」を発見!

スーパーでおいしいレモンケーキが買える!タカキベーカリーの期間限定品「瀬戸田レモンケーキ」!

レモンケーキ。

以前ご紹介しました。

数年以上、ほとんど食べていなかったレモンケーキ。

前回は、「アンデルセン」で出会って、なんとなく購入しました。

レモン風味のホワイトチョコがけのスポンジが、相も変わらず美味しかったです。

 

今回は、スーパーで出会った、「タカキベーカリー」の、「瀬戸田レモンケーキ」をご紹介します。

<スポンサーリンク>

タカキベーカリーのレモンケーキは、丸い!満月みたいな大きさ!

イトーヨーカドーに、「タカキベーカリー」のパンを扱う一角があります。

そこのパンは、時期によって入荷が変わるので、見るのを楽しみにしています。

今回は、「瀬戸田レモンケーキ」を発見しました。

シンプルで、はっきりとした、分かりやすいパッケージです。

以前アンデルセンで購入したレモンケーキの外観はこんな感じでした。

タカキベーカリーと、アンデルセンは同じグループ会社なので、もしかしたら内容は変わらないかも…と思ったのですが、どうしても食べてみたくて購入しました。

中身はこんな感じでした。

こんな風に、真ん丸です。白い満月のようです。

アンデルセンの方は、レモン型で、やや黄色みがありました。

 

味は、今回購入したタカキベーカリーのほうは、マーガリンのおいしさが特徴的だな、と思いました。

食べたときの、レモン風味とホワイトチョコはもちろんおいしかったですが、直後に来る、マーガリンの風味がとてもよかったです。

 

アンデルセンのものより、薄く平べったくはありますが、大きさはけっこうありますので、満足しました。

お店のPOPに「期間限定」とありましたが、どれくらいの期間なのかは不明でした。

 

<スポンサーリンク>

レモンケーキの発祥は広島県!

以前記述しましたように、レモンケーキは、1919年に、広島にて、ドイツ人から伝わったものになります。

 

「アンデルセン」も、「タカキベーカリー」も、同じグループ会社で、広島に本社があります。

なので、広島の特産のレモンと、レモンケーキの発祥の地である、という強みを活かした商品になるのだと思います。

スポンジの柔らかさは、現代向けにしっかりと進化していると思います。

歴史のあるお菓子も、人々の嗜好の変化に応じて、変えていっているのかもしれませんね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、関東ではスーパーで展開されている、「タカキベーカリー」のほうの、レモンケーキをご紹介しました。

チョコのコーティングはどちらも同じように感じました。

しかし、かなり「タカキ~」のほうが色が白かったです。

形は、満月のようにまんまるです。

スポンジの味はあっさりとしてやわらかく、あとから香るマーガリンがアクセントでおいしく感じられました。

アンデルセンのパンの店舗にはなかなか出会えないのですが、タカキ~のように、スーパーで展開されていると、普段も買えるのでうれしいです。

長く人々に愛されているレモンケーキは、まだまだ現役ですね。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*