クリーミーなのに、後味スッキリ!コーヒーにおすすめ!東京牛乳!

コーヒーに入れると美味しさが際立つ!東京産牛乳「東京牛乳」!

コーヒーに牛乳をたっぷり入れる「カフェオレ」が好きな人におすすめの牛乳があります。

それが、「東京牛乳」です。

 

どのお店だったか忘れてしまいましたが、青梅のとある喫茶店に入り、店主のこだわりのコーヒーをいただく時、「コーヒーには『東京牛乳』」とポップやメニュー内で強調されていました。

出されたコーヒーについているミルクは、もちろん「東京牛乳」でした。

飲んでみると、確かにおいしかったです。

 

それからは、「コーヒーには『東京牛乳』」が頭に残りました。

現在は、別に「東京牛乳」しか飲んでいない、というわけではありません。

逆に、他にも好きな牛乳があるので色々雑多に飲んでいる状況です。

だからこそ、「東京牛乳」と他の牛乳の違いがわかったのかもしれません。

今回は、「東京牛乳」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

 

「東京牛乳」はどこで買えるの?

まず、「東京で牛乳?」と思う方もいるかもしれません。

 

「東京牛乳」の成り立ちは次の通りです。

まず、多摩地区の複数の酪農家が搾乳した生乳を集めます。

そして、西多摩郡日の出町にある 協同乳業(株)東京工場にて殺菌パックします。

これが、「東京牛乳」です。

東京牛乳公式サイトよりお借りしました)

 

産地も製造工場も東京都内です。

販売も、東京都内のスーパーやコンビニがメインです。

しかし、扱ってない店舗もあります。

なので、他の大手ミルクメーカーよりは限定的な販売です。

 

多摩地区は、東京都内とはいえ、緑が多く、けっこう自然豊かなところです。

酪農をやっている方も一定数おられます。

そんな酪農家から生乳をあつめ、殺菌して販売しています。

 

都内でできた牛乳を、都内で消費する。

この「地産地消」も目的であります。

<スポンサーリンク>

「東京牛乳」はおいしい?

今思えば、「東京牛乳」を勧めた店主は、いくらか地元びいきな面からも、これをすすめたのかもしれません。

しかし、久々に東京牛乳を買って、毎朝の習慣になっている「カフェオレ」に使うと、確かに他の牛乳と比べておいしかったのです。

 

東京牛乳は、どちらかというと、「プレミアム」な牛乳です。

価格も、税込だと250円超えるはずです。

だから、東京牛乳はおいしくても、価格がね…という人もいます。

 

牛乳の価格については、私は個人的にあまりにも安いのも良くない、と思っている(生産者のことを考えると、です)ので、1リットル250円くらいはいいかな、と思っているほうです。

 

※ただ、東京の西側に住んでいて、東京牛乳の販売範囲内にいても、すべての小売店に置いているわけではないので、なかなか買えるわけでもない、というのがリアルに感じる実情です。

本当は、もっと増えてほしいし、どんなコンビニにも置いてほしい!と思っています。

 

さて、お味ですが、非常にクリーミーで濃厚で、やさしさを感じます。

なのに、後味はすっきりしていて、するすると飲めてしまいます。

すべての「おいしいもの」に共通する、「抵抗なく身体に入ってきてしまう」が、東京牛乳にもあります。

 

これは、地産地消、とうたっているだけあり、東京牛乳を地元で購入すれば、ほかのメーカーの牛乳に比べて新鮮な状態で飲めるわけですから、それだけでもおいしくなります。

あと、乳脂肪分が比較的多いようです。これがクリーミーさを感じるポイントなのですね。

東京に居ながらにして、新鮮な牛乳が飲めてしまう、というのはメリットだと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「コーヒーに合う牛乳」として、「東京牛乳」をご紹介しました。

数年前より、おいしくなっているような気がします。

「低温殺菌」というわけではないようです。

でも、後味のすっきりさは、低温殺菌牛乳を思わせます。

 

 

産地と消費地が近い、というだけで、こんなに違うのでしょうか。

そういえば、昔、北海道に上陸すれば、格段に牛乳の味がおいしくなる、とよく噂で聞きましたが、同じような理屈なのでしょうか。

 

コーヒーに合う、というポイントからお伝えしましたが、もちろん、普通に飲んでおいしいです。

特に、寝る少し前のお風呂上りには最高でした。

もし店頭でみかけたら、試してみてください。

★関連記事:美味しくて希少な「ジャージー牛乳」を使ったプリン

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*