おいしい貝類、アオヤギ(青柳)!春先が旬!年に1度は食べたい!

春が食べごろ!おいしいアオヤギ!年に1度は食べたい!

アオヤギ(青柳)。知っていますか?

貝類です。

あさりの方がもちろんポピュラーですが、同じ時期に出回っている貝類です。

 

寿司店では高級品です。

いったい、どんな貝類なのでしょうか?

今回は、アオヤギについて、お伝えします!

<スポンサーリンク>

アオヤギは、バカガイの中身の一部!一体どういうことか?

アオヤギ、で検索すると、「バカガイ」が出てきます。

アオヤギ=バカガイなのか、というと、厳密にはそうではないようです。

いったい、どういうことなのでしょうか?

Mactra chinensis

(写真はWikipediaのバカガイの項よりお借りしました) 

バカガイは、上の写真のような、貝です。

あさりに似てますね。大きさは、はまぐりくらいです。

関東では、捕れる時期も、場所も、あさりやはまぐりと同じです。

若干、あさりより沖の方にいるようです。

 

アオヤギは、スーパーでは、透明のトレーに載って販売されてますね。

こんなのを見たことありませんか?

もっと、きれいに並べてたり、もっとひとつひとつが大きかったりしますが…。

 

アオヤギは、バカガイの中身の、一部なのです!

どういうことでしょうか?

バカガイの身を、さらにきちんと分けて加工し、販売しているのです。

 

アオヤギは、バカガイの貝柱と貝殻を取り除いたものの名称なのです。

要するに、アオヤギは、バカガイのむき身の名称なのです。

 

<スポンサーリンク>

アオヤギ(青柳)となぜ呼ばれるようになったのか?

バカガイは、日本人とのかかわりがあまりにも深いです。

なので、なぜ「バカガイ」と呼ばれるのか諸説があり、結局どれが正解なのかわかりません。

・居場所をよく変えるから、場替(ばか)えで、バカガイ。

・貝から出ているものが、デロンと舌を出しているようで、おバカみたいだから、バカガイ。

・馬鹿みたいに捕れたから、バカガイ。

・割れやすいから、破家(ばか)貝でバカガイ。

どれも、バカガイの特質を表しています。

なので、どれも説得力が同じくらい(個人的に「破家」には無理があるなと思いますが(;^_^A)ありますので、諸説紛々になるのでしょうね。

 

さて、ここまでは「バカガイ」の名前についてでした。

アオヤギは、なぜアオヤギと呼ばれるようになったのか。

 

バカガイは江戸時代にはすでによく食べられていました。

江戸の寿司職人が、これを寿司で提供しようとしました。

しかし、お客様に「馬鹿」とついた貝の名前で提供するわけにいかない。

そこで、バカガイの集積地であった、千葉の「青柳」という地名を、バカガイのむき身に採用したそうです。

「青柳」って、いかにもインディゴブルーの街、江戸にピッタリな感じですものね(^^)。

非常にオシャレなネーミングだし、職人さん、いいセンスしてるな、と思います。

 

バカガイ、アオヤギのおいしい食べ方!味は?

バカガイから、大小の貝柱(バカガイは2個の貝柱がある)を取り除き、残りの軟体をむき身として集め、アオヤギと称して販売されます。

上にあげた写真のように、関東で売られるものは赤いのが多いです。

 

貝柱は、かき揚げや、蕎麦の上にちらしたり、とこれまた江戸っぽい、粋なおしゃれな使われ方をしています。

 

味も、さっぱりとしてさわやかです。

刺身がいちばん簡単だしおすすめです。

売られているものを、そのまま食べればいいだけです。

独特の芳香と言いたいくらいの香りと、淡白な中にも複雑な味わいがします。

一口食べると、ものすごくいろんな味のしてくる貝だな、と思います。

醤油をつけなくてもおいしかったりします。味わいたいなら、まず何もつけないのもおすすめです。

(春の貝は、それぞれ個性が強烈で、どれ一つとして同じ味がしないので面白いです。)

春野菜と食べる、酢味噌を使った「ぬた」もおいしいと思います。

とにかく、素材を活かした、シンプルな料理がおすすめです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、貝類の「アオヤギ」についてお伝えしました。

バカガイの、殻と貝柱を取り除いた、「むき身」の名称が、「アオヤギ」であることがわかりました。

江戸の寿司職人が、お客に出すのに「バカガイです」なんて言えない、という事情から、千葉の地名であった「青柳(あおやぎ)」を名称に採用したこともわかりました。

 

この、バカガイという語感と、青柳という語感のギャップ。

これが非常に面白いです。

バカガイという名前ですが、非常に繊細で淡白で、でも複雑で濃厚な味わいをもつ貝です。

むしろ、「青柳」を正式名称にしたほうがいいのでは?と思うくらいです。

(※アオヤギの、身もついたものが↑こちらです。「ハタキ」とも呼ばれます。)

アオヤギは、1年じゅう食べることが可能ですが、やっぱり、春がいちばんおいしいです。

「あさり」や「はまぐり」とともに、一瞬で過ぎる「春の味覚」として、大切に味わいたい、と思う貝類です。

★関連記事:春の海の味覚といったらこれ!ホタルイカ

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*