【かんきつ】おすすめ!弓削瓢柑(ゆげひょうかん)はどんなくだもの?旬はいつ?

【かんきつ】おすすめ!弓削瓢柑(ゆげひょうかん)はどんなくだもの?旬はいつ?

(2021年5月8日更新)

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)は、まだあまり市場に出回っていないかんきつです。

かんきつ類としては他に類を見ない形なので、一度見たら忘れないと思います。

とてもおいしいかんきつですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

弓削瓢柑はどんなかんきつ?

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)は、まだまだこれから広まっていく、現時点ではレアなかんきつ類です。

文旦・ザボン系のかんきつ類で、古くから存在していたと考えられています。

 

フォルムが、卵型のような、ひょうたんのような、長細い感じです。

 

 

瀬戸内海の弓削島に存在していたかんきつだそうです。

文旦の流れを汲み、台湾から来たのではないかと言われています。

 

細々と存在していたこのかんきつに目を付ける人が現れ、瀬戸内海各地で作られ始めました。

 

香りが非常にいいです。

アロマオイルにしたらとてもいいのではないかと思いました。

 

香りがいい、ということもあるのか、皮はマーマレードにも非常にむいているそうですよ。

 

 

<スポンサーリンク>

弓削瓢柑の主な産地や旬は?

弓削瓢柑の主な産地は愛媛県だと思います。

公式なデータを見つけられなかったのですが、私が購入すると、産地が愛媛県になっていることが多いので、ここではそうさせていただきました。

(熊本県でも作られているようです。)

 

瀬戸内海の各地で作られ、徐々に広まっているそうです。

今後も作る農家さんが増えるといいですよね!

 

入手できる時期(旬)は、4月から5月です。

この時期は通販でも販売されています。

(在庫なくなり次第終了みたいです。)

 

 

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)は酸味も強くなく甘みがあり身はやわらかくておいしい!

  

せっかくなので、このフォルムを活かした、縦切りをしてみました。

中身も細長いですね。

 

輪切りにしました。

表皮の色はレモンに近いですが、中身の見た目はグレープフルーツに似ています。

 

外皮は固めなので、ナイフで切るのがおすすめです。

香りもグレープフルーツ系です。

 

粒は適度にしっかりしています。

オレンジ系のような、やたら汁がぼとぼと落ちるほどのジューシーさではありません。

 

内側の薄皮は、むいたほうがいいでしょう。

若干、むきづらいので、めんどくさければいったん口に入れて、出しながら食べてもいいと思います。

 

意外と酸っぱくはありません。

逆に甘みを感じ、複雑な味です。

 

コクがあり、非常に優しい、おいしい味です。

なかなかの大きさがあります(みかん2~3個分くらい)が、あっというまに食べきってしまいました。

 

もう一度食べたいなあ、と思うかんきつです。

 

なんと、弓削瓢柑のジャムがある!

レアなかんきつではありますが、あの有名な「みすゞ飴」の通販サイトに、ジャムが販売されていました!(2019年4月現在)

ご縁があれば、いつか食べてみたいです。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「弓削瓢柑(ゆげひょうかん)」についてお伝えしました。

瀬戸内海のあちこちで作られ始めているとはいえ、市場に多く出回るまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

私も、偶然に買えたようなものなのです。

 

香りといい、味といい、農家さん自体にファンが多いようです。

弓削瓢柑は、ほんとうに美味しくて香りのいいかんきつです。

育てたり、流通させるのがまだまだ大変なのかもしれませんが、もっとたくさん出回るといいなと思います。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!