弓削瓢柑(ゆげひょうかん)!甘みとさわやかさがおいしいレアなかんきつ!

ひょうたんを連想させる形!香りと味が良い弓削瓢柑(ゆげひょうかん)!

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)をご存知ですか?

まだあまり市場に出回らないかんきつです。

形に特徴があります。

そのフォルムは、他に類を見ないので、一度見たら忘れないと思います。

味はとてもおいしいかんきつです。

どんなかんきつなのでしょうか?

今回は弓削瓢柑についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

弓削瓢柑はどんなかんきつ?

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)は、この文字列で検索しても、まだウィキペディアにも載っていません。

これは、レア、ということなのでしょう。

フォルムが、卵型のような、ひょうたんのような、長細い感じです。

愛媛の無茶々園のものです。この自然な感じが非常に好きです。

 

瀬戸内海の弓削島に存在していたかんきつだそうです。

文旦の流れを汲み、台湾から来たのではないかと言われています。

細々と存在していたこのかんきつに目を付ける人が現れ、瀬戸内海各地で作られ始めました。

 

香りが非常にいいです。

アロマオイルにしたらとてもいいのではないかと思いました。

娘は、「シャンプーの香りだったら最高!」と言いました(^^)。

 

皮が少々ベタベタしたので、皮からオイルが出ていたのかもしれません。

皮に何かパワーがありそう…と思っていたら「マーマレードにすると最高」とのことでした。

 

<スポンサーリンク>

弓削瓢柑(ゆげひょうかん)のお味は?

せっかくなので、このフォルムを活かした、縦切りをしてみました。

中身も細長いですね。

輪切りにしました。

表皮の色はレモンに近いですが、中身の見た目はグレープフルーツに似ています。

外皮は固めなので、ナイフで切るのがおすすめです。

香りもグレープフルーツ系です。

 

粒は適度にしっかりしています。

オレンジ系のような、やたら汁がぼとぼと落ちるほどのジューシーさではありません。

内側の薄皮は、むいたほうがいいでしょう。

若干、むきづらいので、めんどくさければいったん口に入れて、出しながら食べてもいいと思います。

 

意外と酸っぱくはありません。

逆に甘みを感じ、複雑な味です。

コクがあり、非常に優しい、おいしい味です。

なかなかの大きさがあります(みかん2~3個分くらい)が、あっというまに食べきってしまいました。

 

もう一度食べたいなあ、と思うかんきつです。

 

なんと、弓削瓢柑のジャムがある!

レアなかんきつではありますが、あの有名な「みすゞ飴」の通販サイトに、ジャムが販売されていました!

みすゞ飴さんの通販サイトよりお借りしました)

写真のように、「わずか」という言葉が載っています。

そもそも、あまりたくさん作っていないのかもしれません。

ご縁があれば、いつかは食べてみたいです。

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、まだまだレアなかんきつ、「弓削瓢柑(ゆげひょうかん)」についてお伝えしました。

瀬戸内海のあちこちで作られ始めているとはいえ、市場に多く出回るまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

私も、偶然に買えたようなものです。

(食べ物は、この偶然の「タイミング」が楽しいし、醍醐味だと思います。)

 

香りといい、味といい、農家さん自体にファンが多いようです。

昭和の初期から存在はしていた、ということです。

日本にはまだまだ出番を待っているかんきつが、他にもきっとあるのかもしれませんね。

 

弓削瓢柑は、ほんとうに美味しくて香りのいいかんきつです。

育てたり、流通させるのがまだまだ大変なのかもしれませんが、もっとたくさん出回るといいなと思います。

 

4月下旬から6月上旬ごろまでは楽しめるそうですよ。

 

★関連記事:こちらもレアなかんきつ「じゃばら」!

★関連記事:見た目よりやさしい味のかんきつ、といえば「はるか」!

★関連記事:小さくてかわいくて、酸っぱそうだけど、甘い!「黄金柑」!

★関連記事:レアすぎて逆にYouTubeに動画が多い、仏様の手「仏手柑」!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*