じゃがビー「京都九条ねぎ塩味」!ネギの風味がおいしい!再発売希望!

カルビーの「じゃがビー・京都九条ねぎ塩味」!ねぎの風味がおいしい!

カルビーの「じゃがビー」。

皮つきで作ってあって、ホクホク感のあるスナックです。

私は非常にファンです。

 

カルビーの公式サイトでは、「じゃがりこ」などのようにブランドページもなく、もうちょっと情報が欲しい感じです。

しかし、こんなにおいしいポテトスナックもないと思っています。

 

今回は、もう販売してないけどおいしかった、「じゃがビー京都九条ねぎ塩味」についてお伝えします。

とてもおいしかったので、ここに記録して、カルビーさんにまた作ってもらえるといいなと思います。

<スポンサーリンク>

じゃがビー「京都九条ねぎ塩味」について!

じゃがビー「京都九条ねぎ塩味」は、2019年2月から、3月頃にかけて販売されていた商品です。

カルビー公式Twitterよりお借りしました)

ねぎと塩の組み合わせである「ねぎ塩」は、そもそもレシピとして、非常においしいものです。

それを、じゃがビーのフレーバーにしてしまいました。

 

しかも、ねぎは京都の「九条ねぎ」というブランドに限定してあります。

「深谷ねぎ」とかではなく、あくまで、京都の九条ねぎなのです。

また、ただの「ねぎ塩味」とかではなく、九条ねぎの、「ねぎ塩」です。

この、素材のピンポイントさ加減と、ポテトスナックに、野菜フレーバーを持ってきたことが、非常に特徴的だなと思いました。

 

野菜を、ポテトスナックのフレーバーに持ってくるのは、なかなか勇気のいることではないかと思います。

最悪、何にもインパクトのないものになるからです。

チーズやら、肉やらの味ならわかりやすいから、やりやすいと思います。

 

ねぎ塩がそもそもおいしいレシピであるとはいえ、さらに「京都九条ねぎ」と限定してフレーバーにするのは、素材に自信がないとできないと思います。

しかも、ただの「ねぎ塩」ではインパクトがない、というのもわかってのことだと思うと、カルビーさんって、すごいなあ、と思うのでした。

 

<スポンサーリンク>

実際に食べた感想!

ねぎというものは、「調味料」としても非常に重要な役割を持っています。

 

ただ肉を焼くのと、ねぎを一緒に焼くなり、細かく刻んで一緒に食べるのでは、おいしさが格段に違います。

野菜が得意でなくても、ねぎと一緒に肉を食べるのは好き、という人も多いです。

 

まさに、それを思い出させる味でした。

「じゃがビー」というポテトスナックに、九条ねぎというブランドねぎのもつ、ねぎの深みのあるフレーバーをしっかりと感じました

じゃがビーを口にした次の瞬間、ねぎのもつ旨みとコクが広がるような感じです。

ここが、ビールにも合うような気がして、じゃがビーが大人にも受けている秘密のような気がします。

 

非常に渋くて、通好みのフレーバーではないでしょうか。

Twitterの反応も、「あら、おいしそ」などです。

意外に感じても、次の瞬間には「なるほど、うまそう」と思わせるチョイスだと思いました。

 

2019年5月現在は、もう近所では見つかりませんでした。

また機会があれば作っていただきたいです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、じゃがビー「京都九条ねぎ塩味」をご紹介しました。

いまはもう販売されていない商品です。

しかし、これは、なかなか貴重なフレーバーだと思ったのでご紹介しました。

(「アーカイブ」的な感じです。)

 

じゃがビーのターゲット層って、どんな人たちなのでしょうか。

期間限定のラインナップを見続けると、なんか、渋いのが多いです。

ターゲットは40代以上の大人のような気がします。※違ったらすみません。

(私も40代です(^^))

 

カルビー じゃがビー Jagabee うすしお味 90g×12個

 

「じゃがりこ」や「かっぱえびせん」などに比べ、内容量と値段を考えると、「ちょっとぜいたく」の部類に入るのかもしれません。

でも、カルビー商品のなかで、個人的に最も好きなブランドです。

 

「期間限定もの」はとめどなく続いているようなので、アーカイブとして、こうやってまた他のじゃがビーをご紹介していく予定です。

★関連記事:2019年4月発売「じゃがビーあさりバター味」!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*