もういちど食べたいポテトチップス!ノースカラーズの「純国産ポテトチップスうすしお味」!

もう一度食べたいおいしいポテチ!ノーズカラーズの「純国産ポテトチップスうすしお味」!

おいしいポテチは日本にたくさんありますが、今回ご紹介するポテチは、非常にシンプルな味のものです。

ノースカラーズ」という北海道のメーカーが作っています。

純国産」と銘打っており、なにかこだわりが感じられます。

どんなポテトチップスなのでしょうか?

<スポンサーリンク>

原材料にこだわり、揚げる油にもこだわっているおいしいポテトチップス!

(写真出典:株式会社「ノースカラーズ」HP

私は、「コープデリ」(東京では「コープみらい」の宅配版)のカタログで見て買いました。

なんとなくおいしそう」だったからです。

「やさしさ」がパッケージに現れています。

純粋に、素朴に、「シンプルでおいしいポテトチップスを届けたい」という想いを感じました

我が家に実際に到着して、包装裏のイラストにほっこりしました。

安価なパーム油脂を作るための「プランテーション」が、現地の環境を壊し、先住民族の人々、オランウータンやトラ、ゾウに影響を与えていることに警鐘を鳴らしています。

自然環境、そして人体への影響を考え、安心安全を重視し、化学調味料や保存料を使わない、シンプルなポテチを作ることを宣言しています。

 

「 お母さんが、家でじゃがいもを揚げた味」を目指した、ということです。

家庭で、化学調味料、保存料を常備し、料理に使う人などほぼいないからですよね。

ホームメイドな、あったかい、素朴な味を、メーカーが目指す、ということですね。

「アミノ酸などの化学調味料を使用していません。原材料はシンプルに3つだけ。」

「一般的なポテトチップスは、安価な外国産パーム油を混合していますが、こちらは国内産米油を100%使用しています。

米油は油酔いの原因のアクロレインの発生量がパーム油の約半分です。(三和油脂調べ)」

(引用は公式HPより)

 

揚げてある食品は、どんな油を使っているか、は非常に重要な要素です。

このメーカーは、油に非常にこだわっています。

それは、実際に食べてみるとわかりました

 

<スポンサーリンク>

実際に食べてみました!

(写真出典:株式会社「ノースカラーズ」HP

ひとくち食べる。

あっさりとして、確かに油焼けしません。

かなり自然に、サクサクと食べ進んでしまいます。

 

「おいしい…」また一口、またひとくち…。

あっというまに完食してしまいました。

何というか、非常に「自然に体に入ってくるポテチ」でした。

強烈な印象は何もありません。でもおいしい。つい完食する。

ここがすごい所だと思います。

 

よく私は例えに出してしまうのですが、「水のごとし」なのです。

身体が、びっくりするほど何の抵抗もせず、するすると、このポテチを受け入れるのです。

逆に、他のポテチは、もっと抵抗があったのが分かります。

 

それだけ、自然に、私には食べられました。

さすが、ジャガイモとこめ油と食塩しか使っていないポテチです。

 

手作りとは、そういえばこんな感じなんだろうな、とよくわかりました。

 

私は、昔からポテトチップスは大好きです。

いろんな、時には刺激的で濃厚なフレーバーも好きです。

しかし、結局は「うすしお」味が好きなので、このポテトチップスはまさに私にはドンピシャのものでした。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、北海道のメーカーである「ノースカラーズ」の、材料にこだわった優しいポテトチップス、「純国産ポテトチップスうすしお味」をご紹介しました。

パーム油の 大量使用に警鐘を鳴らし、現地の人々や動物など、自然環境に影響を与えないことを訴え、化学調味料を添加しない、「自然派」のポテトチップスです。

 

created by Rinker
¥184 (2020/07/04 18:57:15時点 楽天市場調べ-詳細)

 

この自然環境や食の安全へのこだわりを追求することが、体に抵抗のない(ということは、きっと「体への負担もない」)、シンプルにおいしいポテトチップスになる、ということが素晴らしいと思います。

難しいことは何もわかりませんが、素朴で自然なおいしさを、企業努力によって提供しているメーカーは多くあり、手間もかかることであろうに、ありがたいと思います。

北海道では多くの店舗で売られていますが、東京ではまだまだ扱いが少ないようです。

全国区でもっと広まるといいですね!

★関連記事:油や「無添加」にこだわったおいしいポテチ!深川油脂の「化学調味料無添加ポテトチップス うす塩味」!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*