ヨーグルトとしても普通においしい!プロテインが入ってるダノンの「オイコス」!

朝ごはんやおやつに最適!高たんぱく質・脂肪ゼロでもなかなかおいしいヨーグルト「オイコス」!

オイコス」というヨーグルトを知っていますか?

公式サイトは、スポーツをする人にすごくおすすめな感じで作ってあります。

高タンパク質で脂肪ゼロだそうです。

どんなヨーグルトなんでしょうか?

<スポンサーリンク>

ダノンの「オイコス」はギリシャヨーグルト!

ダイエットや健康食品にあまり興味がない私ですが、「オイコス」は店頭でなんとなく買ってみました。

デザインが独特でかわいいなあ、と思っていたのです。

なんかズッシリ感があっておいしそうで、他にはない「本格」感がある。

 

調べると、公式サイトが、ダイエットやアスリート向けに作ってあるので、逆にびっくりした次第です。(別にダイエットとかでなくてもいいのに…とも思いました。)

 

「ギリシャヨーグルト」とは?

「オイコス」は「ギリシャヨーグルト」です。

「ギリシャヨーグルト」は、他のヨーグルトとは作り方が違います。

 

 

一般的なヨーグルトは乳製品を温め発酵させるのみです。

しかし、「ギリシャヨーグルト」はさらに「水切り」という行程を踏みます。

ヨーグルトを綿のガーゼや、ギリシャ伝統のモスリン(ウール)でできた袋などで濾過(ろか)し、余計な水分や乳清(ホエー)を除去します。

(参照元:「グリークヨーグルトライフ」より)

 

これで、余分なカロリーが減り、逆にタンパク質は残る、ということになるのですね。

ギリシャヨーグルトは、「世界5大健康食品」の1つに数えられています。

※アメリカの健康専門月刊誌「Health」による。キムチ、大豆、オリーブオイル、レンズマメ、ギリシャヨーグルトの5つが選ばれた。)

ギリシャの人は、おやつだけでなく、料理にも活用し、昔から貴重な食料として利用してきました。長寿の秘訣だそうです。

上の写真は、ギリシャ伝統の定番レシピの「ジャジキ」といいます。

刻んだキュウリを加えてつくる簡単なディップです。

野菜や肉、パンにつけて食べるのです。

トルコ料理にも似た発想の料理があります。すごくおいしんですよ!

 

<スポンサーリンク>

「オイコス」ストロベリーを食べてみました!

なんかかっこいいパッケージです。

2019年4月ごろにデザインが一新されました。

フタを開けた直後。

「ホエー」は取り除いてあるとはいえ、多少は浮かび上がってます。(そりゃそーだ)

上のほうをすくいあげてみました。固めなのが見てもわかります。

下に、フルーツソースが入ってます。今回は「イチゴ」です。

確かに固めのヨーグルトです。

内容が濃いです。他のヨーグルトみたいに、パクパクとは食べ進められません。

ソースも甘さ控えめですので、甘いものが好きな方は物足りないかもしれません。

私はおいしいと思いました。

あまり甘ったるくないのがいいです。

高たんぱくのおかげなのか、食べた後は気分もスッキリし、なんとなく体調がよかったです。

 

※追記:次に「プレーン」を食べてみました。ほんとに甘みが全くなくて、物足りなくなりましたので、ハチミツをかけて食べたらすごくおいしかったです!

ギリシャヨーグルトはそもそもハチミツをかけて食べるのがおすすめらしく、やっぱり言われてる通り、おいしかったです。プレーンがもの足りなかったらはちみつはおすすめです!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、間食におすすめの、ギリシャヨーグルトの「オイコス」をご紹介しました。

私が辛党だからでしょうか。こんなあっさりとしたあんまり甘くないヨーグルトのおやつ、いいな…と思いました。

 

コストコから販売が始まった商品なんですね。

コストコには行けないので、知りませんでした。

スイーツというのは当然ながら甘いものなんですが、このように、半分栄養補給」の機能を持つおやつがあってもいいな、とその甘くなさに感心した次第です。

男の人にもおススメですね。

★関連記事:機能性があってもふつうにおいしい!「ロイテリヨーグルト」!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*