おいしくて便利な「ちょこっとプッチンプリン」に苺ソースが出ました!

「ちょこっとプッチンプリン」に苺ソースが登場!「ちょこっと甘いもの」の世界が広がる!

大人気の「ちょこっとプッチンプリン」に苺ソース味が出ました!(2019年1月に発売)

「スキマ時間」「時短」の流行の中、おやつにも「ちょこっと」が増えていますよね。

お味はどんな感じなんでしょうか?

今回は、「ちょこっとプッチンプリン・苺ソース」をご紹介します!

<スポンサーリンク>

プッチンプリンの「苺ソース」はもともと大人気だった?!

グリコの「プッチンプリン」は46年(2019年時)という長い歴史があります。

その間、様々な試みで、多くの限定フレーバーが発売されてきました。

そんな流れの1つとして、2010年に、「プッチンプリン」苺ソース味が発売されます。

グリコの予想を上回る勢いで、「品切れ続出」という人気商品でした。

 

「ちょこっとプッチンプリン」の前身「ひとくちプッチンプリン」があった!

本題からは外れてしまうのですが、最近気づいたことがあります。

「ちょこっとプッチンプリン」を見た時、ずいぶん前に見た気がしていました。

でも、「ちょこっと~」は2018年秋に発売とのことでしたので、勘違いかと思っていました。

 

しかし、やっぱり存在していました。

名前は、「ひとくちプッチンプリン」

2014年に発売されました。

 

(写真引用元:グリコ「プレスリリース」より

今はもちろん販売されていません。

 

動画↓↓で紹介されていますが、カラメルの位置が逆になっています。

「ディスペンパック」風の取り出し方は同じですね。

現在の「ちょこっとプッチンプリン」の前身であることに間違いはないようです。

この動画はすごく面白いので、ぜひ見てみてください!(2014年の作品です)。

 

<スポンサーリンク>

「ちょこっとプッチンプリン・苺ソース」はこんな感じです!

「Tik Tok」企画があるのが、ポップでいい感じですね。

このプリンの特徴は、「パッケージがとにかく可愛い」ことだと思います。

ひとつひとつのデザインがちがいます。

どれもポップでおしゃれです。

 

常温保存可能なので、お弁当にも持っていけます。

凍らせるのもOKなので、ひとくちゼリーと同様に扱えますね。

持ち歩きもできます。

とにかく便利なパッケージです。

お皿に出しました。

色はあわーいピンクで、透明感があります。

2010年の「プッチンプリンいちご」のような、ピンクとはまた違っています。

着色料とかが違うのでしょうか。

 

「ちょこっとプッチンプリン・苺ソース」のお味は?

あまりにも小さいせいか、1個食べただけではよくわかりませんでした。

プリン部分の、いつもの味のほうが勝ってしまいました。

2つ目で、ようやく感じられます。確かに、「いちご」の味です。

 

トータルの感想ですが、イチゴフレーバーはたしかにおいしいけれども、小さいのでイチゴの味が良くわからないため、通常の「カラメル」味のほうが、いいかな…と思いました。

「苺ソース」のほうも、確かにおいしいですが、苺ソースのインパクトが少し薄いです。

もっと濃い味で、なんなら「苺ジャム」くらいの感じのソースだといいな、と思います。

 

とにかく、パッケージが可愛すぎて、すばらしいです。

お弁当に持っていったら、それだけでワクワクしそうだし、友達にもあげたくなります。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、グリコの「ちょこっとプッチンプリン・苺ソース味」をご紹介しました。

プッチンプリンと苺ソースは合う、という、過去の実績もあるフレーバーです。

パッケージもほんとうにかわいいし、味も不自然さがなく、おいしいです。

 

ご紹介した動画の方もおっしゃってますが、プリンが大きくなる傾向の中、「ちょっとだけなら食べたいんだよなあ」というニーズにこたえるかたちで、このようなプッチンプリンが出たのは、ありがたいです。

実際、「プッチンプリン」を食べようと思う機会が増えました。

「ちょこっとだけ食べられる」というのは、これからますます流行りそうな気がします!

★関連記事:「ちょこっとプッチンプリン」のアイデアがすごい!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*