紅玉りんごの色がきれいでおいしい!「アップルシャーベット」(トーニチ)!

学校給食でおなじみ!?紅玉りんごの「アップルシャーベット」ってどんな食品?

アップルシャーベット」を知っていますか?

学校給食に出てた!懐かしい!という人もいれば、40代で初めてその存在を知る私のような人もいます(;^ω^)。

今回は、「アップルシャーベット」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「アップルシャーベット」とはこんな「デザート」です!

私は、アップルシャーベットなるものの存在を全く知りませんでした。

学校給食で出ていた(出ている?)そうですね。

知らない人もいる、というのは、地域や時代によるからでしょうね。

学校給食はけっこう地域によって違いますもんね。

私は、「冷凍みかん」が良く出ていました。

確かに、「冷凍みかん」フローズンフルーツ(シャーベット)だな、と思いました。

 

今回購入したのは、生協のカタログ(コープデリ)にのっていたものです。

福島県にあるメーカー、「トーニチ」さんの製品です。

この袋の中に、個包装で確か5個ほど入っていました(内容量は「280g」との表示。)

シンプルで親しみやすいデザイン。

冷凍状態でもこの鮮やかな赤は、「紅玉」ならではです。(着色料は使ってません)。

トーニチさんの公式サイトによると、「学校給食に採用されて30数年」、とのことでしたので、もし学校で採用されてても、ギリギリ私は間に合わなかったみたいです(;^ω^)。(卒業しちゃってるくらいのタイミング、ということです)

 

<スポンサーリンク>

「アップルシャーベット」はこんな風に作られている!

国産の紅玉りんごを使用。

皮はついたままですが、中の芯あたりのくりぬきは、ひとつひとつ手作業で行っているそうです。(すごい手間!)

 

紅玉りんごは、主にアップルパイやジャム、コンポートによく使われるりんごです。

けっこう、酸っぱいのです。

しかし、砂糖を加えて加熱調理をすると、びっくりくするくらい甘酸っぱくおいしく変身するので、人気のあるりんごなんですよ。

なので、この商品も、「特製シロップ」をしみこませ、急速冷凍します。

「りんごの中身をくりぬきシロップ漬けして冷凍させる」という、シンプルな工程であっても、そのための、素材吟味から手作業、シロップのクオリティまで、細心の注意を払って作られています。

解凍した状態です。

皮の「赤」が実に染みてる感じですが、大丈夫です。

皮は食べても食べなくてもOK。お好みです。

完全に解凍するよりも、様子を見て、「半解凍」くらいがおいしいですよ。

(「シャーベット」ですもんね(;^_^A)。

味は、紅玉の加工品らしく、甘酸っぱさとジューシーさがとても美味しいです。

学校給食でこれが出たら、勉強疲れも吹き飛ぶでしょうね(‘ω’)。

この酸味は、リフレッシュできると思いますよ!

 

トーニチの「アップルシャーベット」はどこで買える?

残念ながら、私の近所のスーパーでは見たことがありません

生協の実店舗「コープみらい」で販売されてるかどうかは 未確認です。

宅配のほうの「コープデリ」では、時々カタログに載っています。

なかなか無いデザートですし、学校給食で食べたことのある人には、懐かしくて、思い出したら食べたくなるかもしれませんね。

 

楽天で検索しても出ませんでした。

メーカー直販で購入はできるようですよ。

トーニチの通販サイト「アップルシャーベット.com」より)

ネット上では、懐かしさのあまり、探している人もいるようです。

子ども時代の学校給食の「おいしかった」という記憶は、強烈ですもんね(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、トーニチさんの、アップルシャーベッをご紹介しました。

紅玉から作ったものらしい、甘酸っぱさと、紅玉ならではの味の濃さを感じる、おいしいフルーツシャーベットです。

残念ながら、私は学校給食時代にこれを食べることはできませんでしたが、その変わり「冷凍みかん」はよく出てたので、子ども時代の、あの冷凍フルーツを楽しみにする気持ちはわかります。

生協なら扱いが(時々ですが)ありますので、機会があれば食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*