ちびちび食べたい「豆腐よう(餻)」!沖縄の伝統の発酵食品!

「豆腐よう」って何?ちびちび食べるとおいしい!

豆腐よう」って知っていますか?

沖縄の伝統の発酵食品です。

どんな食べ物なんでしょうか?

おいしい食べ方はあるのでしょうか?

今回は、「豆腐よう」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「豆腐よう」ってどんな食べ物?

まずは写真から…。

わした(沖縄県物産公社)」の商品を買いました。

紅麹(べにこうじ)豆腐よう」とあります。

1センチから2センチくらいの、キューブ状のものが、真っ赤なドロッとした液体の中に入ってます。

かなりお酒の匂いがします。

そして発酵食品だなー!(^^)!と思わせる、独特の香り。

とても小さいのですが、これがものすごく濃厚なのです。

これを一口でぱくっと食べられる人はあんまりいないはずです。

 

<スポンサーリンク>

「豆腐よう」はどんな味?どうやって作られるのか?

つまようじ2本などで、ちょっぴりずつ削って食べるようにします。

口の中で、泡盛と紅麹の風味が広がり、それらに長らく漬かっていた、島豆腐が濃厚でクリーミーな味わいで広がります。

 

泡盛紅麹という、個性の強い2つの「発酵食品」に漬かった島豆腐です。

とにかく、味が濃いです。

島豆腐というのは、一般の木綿豆腐よりももっと中身が凝縮されたような、固めの豆腐です。

これが泡盛と紅麹に漬けられて、発酵しているのです。

 

例えるなら「ウニ」とか、「エダムチーズ」という、濃くてコクのあるチーズと言われます。

確かに、ウニ感は感じました。

「東洋のチーズ」とも呼ばれてます。

これでご飯を食べる人もいます。

 

ただ、泡盛という強いお酒につかっていて、この食品自体もアルコールが強いので、お酒に弱い方や、お子さんはやめておいてください、とのことです。

 

それくらい、泡盛の味とアルコールが口の中で広がるので、一口でぱくっとは、なかなかいかないのです。

ただ、他に調味料などを使っていないので、味は豆腐と泡盛と紅麹のみの、純粋さを感じます。とても上品なのです。

(紅麹で真っ赤なだけで、唐辛子など「スパイシー要素」は無いので、辛さは全くありません。

昔は、琉球王朝の貴族が食べていたというだけありますね。

 

おおもとの作り方は、中国の「腐乳」であると考えられているそうです。

中国の伝統が琉球に伝わり、「豆腐よう」へと変遷していった、ということですね。

沖縄の食文化の歴史を感じることができました(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、沖縄の伝統の発酵食品「豆腐よう」についてお伝えしました。

正直、「クセの強い」食品であるとは思います。

なので、苦手に感じる方もいます。

味は発酵食品らしくとても複雑でかつ上品、お酒好きにはたまらない一品です。

 

黄麹で漬けた、紅麹モノよりもマイルドな味のタイプもあるそうですよ。

贈答用にもよく使われるそうです。

 

沖縄特有の食文化の一面である「豆腐よう」を、ちびちびと、じっくり味わってみてくださいね。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*