具が少ないあっさり系みそ汁がおいしい!永谷園の「赤だしみそ汁」!

具があまりなくておだしの効いたみそ汁が飲みたい!永谷園の「赤だしみそ汁」!

具があまり入ってない、おだしの効いたあっさり系のみそ汁が飲みたい時がありませんか?

そんな時におすすめなのが、永谷園の「赤だしみそ汁」です。

今回は、永谷園の「赤だしみそ汁」をご紹介します!

<スポンサーリンク>

永谷園の「赤だしみそ汁」はこんな商品です!

パッケージはこんな感じです。↓↓

 

この中に、1食分が4つ入っています。

価格は、メーカー希望小売価格なんと110円

 

ところで、このロゴ「赤だし」は、もうずいぶん長く見ているような気がする…と、昭和生まれの私は思うので、調べてみました。

なんと、1967年(昭和42年)3月から発売されていました。

ちょっとずつ内容の変化(マイナーチェンジとか)はあったでしょうが、もう、52年の超ロングセラー商品なんですね!

このおみそ汁は、今の小さい子にも人気があり、時代を超えて愛されてる、とはこのことだな、と思います。

 

<スポンサーリンク>

永谷園「赤だし」の中身と、お湯を注いだ様子!

個包装のデザインはこんな感じです。

「作り方」まで載ってます。

かなり細かい粒子の粉です。

具は、麩(ふ)、わかめ、ネギ、だそうです。

 

熱湯を注いだ直後です。

粉末みそ汁は、必ずこのように泡立ちますね。(しばらく経つと落ち着きますが…)。

この後、お麩がだんだん広がり、おなじみの丸くて、真ん中に穴の開いたお麩になります。

 

具のあまり入っていないおみそ汁、というのは、一口めは、温泉につかる時のようなしみじみとした気持ちよさがあります。

おにぎりやおいなりさん、太巻きなど、ご飯ものと一緒にあるだけで、すごく「ご馳走」になるような気がします

 

52年もの、安定のロングセラー商品なのもうなづけます。

お麩とわかめとネギだけ、というシンプルな具も、ほっこりします。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、1967年(昭和42年)から販売されているという、超ロングセラー即席みそ汁、永谷園「赤だしみそ汁」をご紹介しました。

おにぎりや太巻き、いなり寿司など、昔からある「ごはんもの」と一緒に食べたいですね。

created by Rinker
永谷園
¥1,188 (2020/07/04 14:48:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

お弁当と一緒に持っていくのにもピッタリです。

「生みそタイプ」よりも軽いですし、どこかに味噌がくっついてしまう恐れもなく、安心して使えるので便利だと思います。

52年も販売されていたとは知りませんでした。

これからも末永く販売してほしいです!

★関連:マルコメの「フリーズドライ顆粒みそ汁」!

★関連:アマノフーズの濃厚なあさりみそ汁!「まごころ一杯濃旨あさり」!

★関連:【小僧寿し】持ち帰り専門店で買える粉末みそ汁「赤だし」がおいしい!

 

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*