沖縄のパイナップルが東京で出回る時期(旬)はいつ?新鮮なパインはおいしい!

沖縄のパイナップルが東京で出回る時期(旬)はいつ?新鮮なパインはおいしい!

パイナップルは、缶詰もあったり、スイーツにも使われてたり、何かしら年中食べられるような気がしますので、「旬というものがあるのかな?」と思います。

調べると、パイナップル自体は、1年じゅう世界のどこからか入荷しているそうです。

なので、パイナップルの旬というものは「無い」と言えます。

東京都中央卸売市場では、2018年には、フィリピンのものがほぼ1年通して入荷していました参照サイト:「果物ナビ」)。

 

国産のパイナップルは、沖縄県や鹿児島県で多く生産されています。

国産パイナップルには旬があるのでしょうか?

今回は、沖縄県のパイナップルの旬について、お伝えします!

<スポンサーリンク>

沖縄のパイナップルの旬はいつ?

上は、沖縄産のパイナップルです。

1個680円から780円くらいでした。

今年(2019年)のパイナップルは、皮をあまり厚く切らなくても、ジューシーで甘く、食べやすいパイナップルでした。

こちらは、2019年7月上旬に購入しました。

おそらく、「ピーチパイン」という種類だと思います。

沖縄県のパイナップル、特に「ピーチパイン」が東京で出回るのは、石垣島産のものも含めると、だいたい5月から7月の3ヶ月間です。

それ以外の時期はみかけることはないか、あってもかなり少ないと思います。

 

<スポンサーリンク>

沖縄の「ピーチパイン(ソフトタッチ)」はおすすめ!見かけたら買おう!

沖縄の「ピーチパイン(ソフトタッチ)」は、丸の状態、皮をむかない状態でも、香りがすごくします。

柔らかいので、すぐに傷みやすいです。

買ってからすでに、香りがかなりしているようなら、早めに切って食べてしまったほうがいいです。

 

【今だけ5%OFF】沖縄土産【5月〜7月までの期間限定】【A品ギフトにぴったり】沖縄県産完熟ピーチパイン(ミルクパイン)約2kg(約2玉〜4玉)超甘 香り 桃 ピーチ パイン ぴーちぱいん パイナップル

 

芯も甘くて食べられるくらい、おいしいパイナップルです。

おすすめですよ!

 

扱いやすい「スナックパイン(ボゴールパイン)」もおすすめ!

台湾が原産の「スナックパイン」というパイナップルは「ボゴールパイン」という名前でも売られています。

旬は「ピーチパイン」と同じ5月から7月です。

こちらは、手でちぎって食べられる、というのが特徴です。

パイナップルが、トウモロコシの粒のように、ひとつひとつちぎって食べられるのです。

 

 

気軽に食べられるので人気ですよ。

 

新鮮な国産パイナップルが味わえるのは数か月だけ!そのままで楽しもう!

新鮮でおいしい国産のパイナップルは、他の料理に使うなどとは思いもよらないほど、フレッシュで甘くておいしいです。

あまりにものおいしさに、あっという間に1個食べきってしまいます。

特に「ピーチパイン」などは、とにかく甘くて柔らかく、昔のパイナップルにあったような、酸味の強い刺激を感じず、意外なほどです。

それだけ、甘くなるように農家さんが工夫してきているのだと思いますが、今年のピーチパインは特に驚異的な甘さでした。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、東京など関東で買える国産パイナップルについてお伝えしました。

旬は5月から7月です。

他の国からの輸入品ならば、年中手に入ります。

缶詰もおいしいですが、生で食べるフレッシュなパイナップルのおいしさは、また格別です。

1個の値段は決して安くはないですが、年に1度くらいは、旬のパイナップルを味わってみるのもいいと思います!

スーパーによっては半分カットや、さらにカットした「カットパイン」みたいな感じで少量でも販売している場合がありますので、ぜひ見かけたら買って食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*