女性にもおすすめの味!西友「みなさまのお墨付きエナジードリンク」!

女性にもおすすめの味!西友「みなさまのお墨付きエナジードリンク」!

エナジードリンクの「モンスター」や「レッドブル」は、デザインからして、若者の、しかも男性向け…という感じがしませんか?

女性はあまり率先して買う人が少ないような気がします。

でも西友の「みなさまのお墨付き」シリーズならどうでしょう?

なんか「主婦向けなのかな?」と思ってしまいませんか?

今回は西友のエナジードリンク、「みなさまのお墨付きエナジードリンク」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「リポビタンD」などの「栄養ドリンク」と「モンスター」などの「エナジードリンク」の違い!

「モンスター」や「レッドブル」は「清涼飲料水」です。

「リポビタンD」や「チオビタ」、「アリナミン」は「栄養ドリンク」と呼ばれ、「医薬品または医薬部外品」になります。

 

 

なので、20年ほど前までは「リポビタン」シリーズなどは、コンビニで買うことはできませんでした。

1999年の規制緩和により、一部はスーパー・コンビニ、自販機でも販売できるようになりました。

 

 

「エナジードリンク」は、「医薬品」などではなく「清涼飲料水」なので、最初からコンビニ・スーパーで普通に売られています。

「ジュース」の範囲なんですね。医薬品ではないのです。

ここが、「エナジードリンク」が爆発的人気が出た要因とも言われています。

 

<スポンサーリンク>

西友の「みなさまのお墨付きエナジードリンク」は女性でも買いやすい⁈

私は、モンスターやレッドブルなどの「エナジードリンク」は、どうも味が好きではなく、飲めません。

においも苦手です。(でも、好きな人にはこれがおいしいんですよね。)

 

もともと、リポビタンシリーズはものすごく飲んでいた時期があります。

栄養ドリンク系の味には慣れていたのです。

なので、数年前に出た大正製薬の「ライジン」(「炭酸飲料」となっている)は飲めました。

「栄養ドリンク」と同系統の味だと思いました。

 

しかし、「モンスター」「レッドブル」については、独特の味がなんだか苦手なのです。

一滴も飲めないくらいです(;^_^A。

 

そこで、西友の「お墨付き」エナジードリンクはどうなのか、購入してみました。

価格は税抜158円。プライベートブランド商品としてはあまり安くはありません。

そして、飲んでみました。

 

なかなかおいしくて飲みやすいです!!

かなりビックリしました!

この「エナジードリンク」も、きっとモンスターやレッドブルみたいな味がするんだろうな…と恐る恐る飲んだのです。

しかし意外にも飲みやすかったのです。

これには驚きました!

 

「西友ネットスーパー」の「エナジードリンク」のページを見ますと、「消費者テスト支持率90.2%」とあります。

「みなさまのお墨付き」シリーズは、消費者テストを繰り返しているプライベートブランドなのです。

「テスト参加者コメント」も、60代女性の意見「酸味と甘みと炭酸のバランスが良く、後味がサッパリして美味しく飲める。」とあります。

 

最初から、主婦層、主婦年代女性をターゲットに開発していたのかも知れません!

私も40代主婦です。

これは飲みやすい!と思ったのは、西友の「思うつぼ」といいますか、見事に西友の「ねらい」にはまったのかもしれません。

 

ということは、ほかのエナジードリンクが飲めない女性でも、これなら飲めるかもしれませんね!

 

主婦が、エナジードリンクを飲む必要性をまず感じるか、というところもありますが、夏バテや、疲れがたまっている、なんかリフレッシュしたい、というときに、飲んでみてもいいのではないかと思います!

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、西友の「みなさまのお墨付きエナジードリンク」をご紹介しました。

実は、ネットで話題になっているのは、その「内容」でした。

レッドブルやモンスターよりも、カフェインやアルギニン含有量がかなり多いらしいのです。

 

(※リポビタンシリーズは、アルギニンではなく、「タウリン」が入っています。炭酸は無く、若干「とろみ」があり「濃さ」を感じます。)

 

 

「みなさまのお墨付きエナジードリンク」は、カフェインやアルギニンが多いとはいえ、飲み口がスッキリしており、フルーティな味も飲みやすいです。

味の面から、女性におすすめなのでは、という観点で今回はご紹介しました。

 

ただ、モンスターやレッドブルより、カフェインやアルギニンは多いらしいので、気になる方はこの点にご留意の上、飲んでみてくださいね(^^)/。

★関連記事:はま寿司の「メガサイズドリンク」はおトクだけど主婦が飲むには勇気が必要だった…!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*