【ワルツ株式会社】「炭火焼ブレンドコーヒー・匠」アイスコーヒーボトルがおいしい!

【ワルツ株式会社】「炭火焼ブレンドコーヒー・匠」アイスコーヒーボトルがおいしい!

「ワルツ株式会社」はコーヒーや紅茶を扱っていますが、「コープデリ」の抽選販売で当たって購入したアイスコーヒーがおいしかったのでご紹介します。

「ワルツ」のホームページにも全く情報がなく、これが入手できたのは不思議な感じがします。

今回は炭火焼ブレンドコーヒー・匠」のアイスコーヒーのボトル入りをご紹介します!

<スポンサーリンク>

「ワルツ」の炭火焼アイスコーヒー「匠」はこんなコーヒーです!

2019年8月現在、ネット上に全く情報がありません。

ワルツさんのHPにも情報が無く、通販もされていません。

(通販されていても「完売」して、ページからはずしている可能性はあります。)

 

(写真引用元:ワルツ株式会社通販サイト「おうちカフェのお店」より

上の写真のように、同じデザインのコーヒーゼリーは販売されていました。

その商品説明によりますと、「職人が備長炭を使用して焙煎した珈琲豆」という言葉がありました。

おそらく、このアイスコーヒーも、同じ作り方だと思います。

瓶にも「炭火焼ブレンド珈琲」とあります。

 

購入は「コープデリ」の抽選販売でした。

600㎖入りで税抜648円。

 

瓶のデザインから、家族に「焼酎なのかと思った」と言われました(;^ω^)。

でも、よく見たら「珈琲」と書いてあるのでもちろん違います。

パッケージにこのアイスコーヒーへのこだわりが感じられます。

非常にかっこいい外観です。

 

「抽選販売」ということは、大量に作ることができない、ということですね。

 

<スポンサーリンク>

「匠」アイスコーヒーを飲んでみました!

このようにこだわりをもって焙煎され、ブレンドされ、淹れられた珈琲には期待が高まります。

もちろん、キリっと冷やして、ミルクもガムシロップも無しで飲みます。

 

 

味は非常に濃厚です。

さすが炭火焼焙煎、香ばしさ心地よい苦みを感じます。

でも飲みにくい、ということはありません。

濃いので、ストレートでも氷は入れたほうがいいかもしれません。

 

 

満足度が高く、600㎖とはいっても、すぐにはなくなったりしません。

密度の濃いアイスコーヒーだと思います。

 

もちろん、甘みやミルクを入れてもいいと思います。

私は「東京牛乳」を入れて飲みました。

 

「東京牛乳」にしたのは、青梅のある喫茶店のマスターが「珈琲には東京牛乳!」と言っていたので、今回もそうしてみました。

他の牛乳でももちろんOKですが、せっかくなのでできるだけご自分のお気に入りの牛乳を入れてみてください(^^)/

 

砂糖の無い「アイスカフェオレ」にしましたが、コーヒーの味が濃厚なので、おいしかったです。

暑い夏の午後、ぼーっとしてしまうところにこれを1杯飲むと、気分がシャキッとしました。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、愛知県のコーヒーや紅茶を扱う企業「ワルツ株式会社」アイスコーヒー「匠」をご紹介しました。

ネット上にほとんど情報が無く、まさかの製造者のページにも情報がない、というアイスコーヒーでした。

かろうじて、同じコーヒーを使ったコーヒーゼリーの情報があったので、そこを参考にさせていただきました。

 

あまりたくさん作れないのでしょうか。

すごくおいしかったのですが…。

また飲める機会を楽しみにしたいと思います!(^^)/

(メーカーさんにもぜひこのアイスコーヒーの情報を発信していただきたいです!)

★関連記事:青梅の喫茶店のマスターがコーヒーに使うのをすすめていた「東京牛乳」!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*