【コープデリ】簡単でおいしくてボリュームもある!牛角監修の「牛ハラミもみダレ」!

【コープデリ】簡単でおいしくてボリュームもある!牛角監修の「牛ハラミもみダレ」!

「コープデリ」のカタログに載ると買える、「牛角」監修の「牛ハラもみダレ」をご紹介します。

その名の通り、タレをもみこんで(漬け込んで)あり、お肉もしっかり入っていてボリュームもあります。

価格も牛肉の割にはそんなに高くないと思います!

どんな商品かご紹介しますので参考になさってください!

<スポンサーリンク>

牛角監修の「牛ハラミもみダレ」はこんな商品です!

1パック240g入りで498円(税抜)です。

冷凍食品です。

 

流水解凍(10分から15分)や冷蔵庫解凍(7~8時間)で調理ができるようになります。

 

こういう、漬けダレの重量も総重量に含まれているものは、タレが多くてお肉が思ったより少なかったりしますが、この商品は、お肉がしっかり入っていて、タレの液体はさほど入っていませんでした。

 

<スポンサーリンク>

牛「ハラミ」肉や「サガリ」肉ってどんなお肉?

商品名には「ハラミ」とありますが、パッケージの原材料名を見ますと、「牛サガリ肉」とありました。

どんなお肉なんでしょうか?

 

「ハラミ」や「サガリ」は、正式には「ホルモン」の分類になります。

牛の、内臓を吊り下げておくための横隔膜なのです。

「ハラミ」は横隔膜のうち、肋骨近くの腹側の部位です。

「腹側の身」で「ハラミ」と呼ばれます。

 

「サガリ」は横隔膜のうち、背のほうに あるものです。

どちらも横隔膜であることから、お店や地域によってはまとめて「ハラミ」と呼んでしまうこともあります。

 

今回の、牛角の「牛ハラミもみダレ」の商品名は「ハラミ」であるにもかかわらず、原材料名は「サガリ」となっています。

「サガリ」というのは「下がる」というマイナスイメージを顧客に与えるので、「ハラミ」と呼んだのでしょうか。

または、「サガリ」よりも、「ハラミ」のほうが認知度が高くて分かりやすいからなのでしょうか。

それとも、何か食品の表示で法律的な決まり事でもあるのか…。

真相はわかりません。

 

牛角監修「牛ハラミもみダレ」をフライパンで焼いてみました!

今回は、フライパンで焼きました。

火力が強いと、上の写真のように焦げてしまいます。

タレに漬かっているので、そのタレから焦げてしまいます。

 

中火以下の火力で、じっくりと、何回もひっくり返しながら焼くのがおすすめです。

 

シマチョウやミノのように思いっきり縮んでしまうこともなく、なかなかのボリュームで、2人で食べても十分な量です(3人分としては少ないです)。

 

 

基本、野菜を入れたりしない商品だと思いますが、上の写真のように、もやしと炒めてもおいしかったですよ(^^)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、焼肉チェーン店の「牛角」が監修した、「牛ハラミもみダレ」をご紹介しました。

 

牛の「ハラミ」や「サガリ」は、牛の横隔膜であり、「ホルモン」の分類になる、というのは知りませんでした。

「ハラミ」や「サガリ」の画像をみると、赤身のブロックに似たものに見えます。

スライスして売られているものも、赤身かバラの赤いところなのか、と思うくらい「お肉」です。

「ホルモン」類と言われても、いわゆる「ホルモン」感の全くしない、むしろ「お肉感」のする部位です。

 

created by Rinker
¥1,728 (2020/09/25 11:32:33時点 楽天市場調べ-詳細)

 

「ハラミ」や「サガリ」は、脂っこくなく、柔らかく、食べやすく、価格もさほど高くない、なかなか優秀な部位だと思います。

大抵の「ハラミ」商品は安くておいしいですよ。今回の牛角監修のものも同様です。

もし見つけたら買って食べてみてくださいね!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*