「桃(もも)」の旬(出回る時期)はいつ?有名な産地は?おいしい桃の選び方は?

「桃(もも)」の旬(出回る時期)はいつ?有名な産地は?おいしい桃の選び方は?

桃(もも)っていつ頃の果物でしょうか?

缶詰なら年中食べられるし、ジュースやスイーツにも使われています。

でも、生の桃がいちばん出回り、買える時期はいつなのでしょうか。

今回は「桃」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「桃(もも)」の旬はいつ?主な産地は?

桃の缶詰などは対象外で、ここでは、生の桃の出回る時期についてお伝えします。

桃の旬(主に出回る時期)は、6月から9月です。

 

主な産地は、山梨県が全国1位で、次いで福島県や山形県、長野県が続きます。

東京都内から出発するバスツアーに、「桃狩り」がよくあるのですが、確かに6月から9月の間に企画されています。

 

傷つきやすく、傷みやすいくだものなので、管理や流通が大変な果物の一つです。

そのせいか、生の桃はあまり安くはありません。

1個300円以上が相場ではないでしょうか。

「ブランド桃」ですと、500円以上する場合があります。

 

<スポンサーリンク>

おすすめの桃2種をご紹介!

最近食べておいしかったのは長野県で生まれた品種の「川中島白桃」です。

 

身がしっかりしており、甘さはとてもよく、食べ応えのある桃です。

果肉は白っぽく、中心の種の辺りが赤くなっています。

 

8月下旬から9月中旬に出回ります。

 

実を実際食べたわけではないですが、ジュースで飲んであまりにもおいしかったのが、福島県の「あかつき」を使った、アキュアの「もも」ジュースです。

 

こちらは以前ご紹介しました。

(関連記事:おいしい桃ジュース!「福島あかつきもも」!JRエキナカ自販機で!お早めに!

最近テレビでも紹介されました。

ジュースは、通販では早々に完売してしまう人気商品です。

生の「あかつき」種の桃も、人気で入手困難のようです。

 

おいしい桃の見分け方は?

桃は、とてもデリケートな果物です。

一つ一つ、ネットに入り、重ならないように並べて売られていはずです。

直接触れるのはNGです。

ではどうやっておいしい桃を見分けたらいいでしょうか?

 

まずは、です。

「おしり」のように見える、真ん中の線を中心にして、左右対称になっており、全体的にバランスよく丸みを帯びているものがいいです。

 

次に、です。

できるだけ赤みを帯びているものがいいです。

トップの部分の赤からピンク色のあたりに、白い「そばかす」のような斑点(「果点」という)ができているとなお良い、とされています。

下の方を裏返してみるのが可能であれば、見てみてください。

青みがかっておらず、白くなっていればいいです。

上は赤身が濃く、下の白い部分が青っぽくなければ、食べごろと言えます。

 

最後は香りです。

桃そのものから、いい香りがしているといいです。

 

以上、桃選びのポイント、「形」「色」「香り」の3つをご紹介しました。

上のポイントを掴んでいれば、あとは食べごろかどうかは「固さ」によります。

買ってから触ってみると、なんだか固いようであれば、新聞紙に包んで常温に置いて、毎日様子を見てみてください。

やわらかくなれば食べごろになります。

食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れて冷やすとおいしく食べられます。

 

すぐに食べごろの桃を購入したい場合は、お店の人に見てもらい、確認した方がいいです。

むやみに購入前の、陳列されている桃を触ってはいけません(;^ω^)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「」について、旬や主な産地、おすすめの桃2種、おいしい桃の見分け方をご紹介しました。

桃の見分けはあまりかまえることはありません。

色が濃く、まるまるとしていて、香りがよければ大丈夫だと思います。

あとは、ご自分の直感を信じて選んでみてください(^^)/。

もし、万が一、甘くなければ、砂糖で煮るなどして、ヨーグルトと一緒に食べるとおいしいですよ。

今年もいい桃に出会えるといいですね!

★関連記事:黄金桃(おうごんとう)ってどんな桃?旬はいつ?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*