【2019リニューアル版】セブンプレミアム「金のビーフカレー」について!賛否両論!

【2019リニューアル版】セブンプレミアム「金のビーフカレー」について!(賛否両論!)

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで売られている「金」のシリーズ。

何年振りかに「金のビーフカレー」を食べてみました!

以前1回食べてみておいしかったのでまた食べようと思ったのです。

年に1回?何年かに1回?のリニューアルをしているらしいのですが、今回は、2019年9月に食べた「金のビーフカレー」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「リニューアル」された「金のビーフカレー」はどんなカレー?

2019年4月15日に「金のビーフカレー」はリニューアルされました。

公式ページにはこう書いてあります。

「仔牛の骨と野菜から丁寧にとった/フォンドボーとじっくり煮込んだ/丸鶏フォンを採用。」

「仔牛」「フォンドボー」「丸鶏フォン」など、高級フレンチを連想させるワードを展開。

 

「赤ワインとソースで煮込んだ/柔らかな黒毛牛肉」

こちらも、「赤ワイン」「ソース」「黒毛牛肉」と、高級感のある欧風肉料理のレシピを連想させます。

要するに、「欧風カレー」の高級感を出し、それを実現しようとしたカレーなんでしょう。

 

 

メーカーは「日本ハム」です。

200g入りで税込388円。

「プレミアム」なシリーズとはいえ、レトルトカレーはもっと高いものもありますから、「若干お高め」、という感じの値段だと思います。

電子レンジでもボイルでも温められるようになっています。

 

<スポンサーリンク>

「金のビーフカレー」を食べてみました!

電子レンジで温めるのが確実にラクなので、レンチンしました。

(いつも思うのですが、ボイルのほうが手間がかかりますよね。

ボイルのほうがおいしいのでしょうか?

それとも電子レンジが無い人や状況にも対応できる、というアピールでしょうか?)

 

レンチンしてオープンしたらこんな感じです。

 

 

見た目は、欧風の高級なカレーの感じです。

お肉も大きいです。

我が家に「福神漬け」があったので載せてみました。

 

味は、正直、「おいしい!」と思えなかったです(;^_^A。

なにせ、甘い

お肉に不思議な「甘み」が染み込んでいる。

これは「謎」です。

何をどうやったら、肉にこの「甘み」がくっつくのでしょうか?

肉そのものが持つ「甘み」ではないのです。

甘く味付けしてある感じなのです。

全く、謎の「甘さ」でした。

 

カレーソース自体もかなり「甘い」です。

この甘みで、スパイスも感じられませんでした。

 

「他に、もっとおいしいレトルトカレー、あるよね…次からはそっちを買おうか…(;´・ω・)」

と思ってしまうカレーでした!!(^^)/。

 

いつかは分からないけど、以前食べた時はおいしかったよな…と思ったら、ネット上でもそのような情報をみかけました。

メーカーも違ったみたいです。

商品に、「リニューアル」はつきものだと思いますが、前はもうちょっと辛みがあったような気がします。

こんなに甘くすることもないんじゃないか、と思いました。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、2019年4月にリニューアル発売された「金のビーフカレー」についてお伝えしました。

正直な感想を述べました。

「おいしい!」と思う方も多いとは思いますので、恐縮ですが…(;^ω^)。

カレーは辛口が好きですし、以前はもう少し辛かったと思うし、リニューアル前と後でずいぶん味に違いがあったようなので、その感想を書きました。

ほんとうに、あの「甘み」はいらないな、と思います。

「辛口」があるといいなと思います(^^)/。

★関連記事:「世界で最もおいしい食べ物」に選ばれたマッサマンカレー!西友のレトルトがおいしい!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*