「しいたけ」はどれくらいもつ?洗ったほうがいい?冷凍できる?

「しいたけ」はどれくらいもつ?洗ったほうがいい?冷凍できる?

しいたけ」(椎茸)。日本人には、昔から馴染みのあるキノコです。

「干ししいたけ」など、干したキノコが大活躍するのも、しいたけくらいしかないのではないでしょうか。

 

そんな日本人にとっては親しみ深いキノコですが、嫌いな人が多いのも事実。

1990年には、消費量は「えのき」に抜かれてしまいました。

私は、しいたけは大好きです(^^)/。

 

えのきやぶなしめじにくらべ、お値段も若干高いほうですよね。

買ったら、きちんと食べきりたいです。

しいたけは、どれくらいもつのでしょうか。冷凍は可能でしょうか?

洗って使うものなのでしょうか。

今回は「しいたけ」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

しいたけの旬はいつ?どうやって栽培されているの?

しいたけは、キノコですから、旬は「秋」のイメージがありますよね。

確かに、秋も旬(10月~11月)です。

でも、春(3~5月)も旬なのです。

なので、春に多く店頭にあらわれる時期があります。

焼肉やバーベキューのシーズンでもあるので、よく売れると思います。

 

枯れ木に生えるキノコなので、露地栽培(外での栽培)も、原木(ホダ木)に菌を植えて育てます。

Genboku-3

写真はWikipedia「原木栽培」の項より

私が子供の頃、大きな農家の裏山に、こういう原木を並べているのを見ました。

懐かしい光景です。

埼玉のある農園では、こういう原木を並べて、生えているしいたけを〇個までとっていいよ、みたいなアトラクションをしているところがありました。

 

こういうのは「原木生シイタケ」みたいな名前で販売しています。

香りがいいです。

私は他の料理に使うのがもったいなくて、ただカサの方を上にして焼くだけの料理しかしてません(;^ω^)。

すごくおいしいですよ。

残念ながら、値段は安くはありません。

 

他には、菌床(きんしょう)に菌を植えて飼育させた、人工栽培の「菌床栽培もの」があります。

こちらは比較的安く売られてます。

 

「特売」で100円程度で購入した「生しいたけ」です。

パッケージに「菌床栽培」と書いてあります。

こういうものでも、十分においしいと思います!(^^)!。

 

<スポンサーリンク>

しいたけの主な産地は?干ししいたけの場合は?

原木栽培でも、菌床栽培でも、他のキノコのように、突出して産出している都道府県はありません。

逆に、日本全国で広く栽培されている感じです。

それだけ、日本人が古くから広く栽培していた、ということでしょうか。

 

ただ、これが「干しシイタケ」となると、九州の大分と宮崎がダントツになります。

どんこ」と言って、非常に肉厚なおいしい干しシイタケがあります。

 

これはお歳暮などの贈答品やおせちにも使われる、高級なものになります。

 

しいたけは洗った方がいい?保管方法は?

しいたけは、原木栽培も菌床栽培も、無農薬の栽培法になっています。

特に人工栽培のキノコ全般に言えることですが、洗わないで大丈夫ですし、洗わないほうがおいしいです。

キノコに、「水」は大敵です。

どうしても気になる場合は、料理前に、サッと流水で洗い、速やかにペーパーやふきんで水分を拭きとってください。

 

できるだけ新鮮な、洗ってない状態の椎茸は、冷蔵庫で保管方法によっては1か月持つと言われます。

それにはちゃんと準備が必要です。

シイタケは特に「水分」が大敵です。

しいたけそのものから水分がしょっちゅうでますので、カサを上にして、ペーパーに包み、ビニールに入れます。

その方法で、チルド室に入れておけば、1か月は大丈夫、ということです。

しかし、買ってきたらできるだけ早く食べてしまうのがいいですよ。

 

薄くスライスすれば、冷凍保存も可能です。

冷凍するとおいしくなる、とまで言われています。

1ヶ月以内に、加熱して使ってください。

炒め物やみそ汁・スープ、炊き込みご飯などにどうぞ。

凍ったまま、加熱調理でOKです。

 

おいしい「しいたけ」とは?特売品でも新鮮ならおいしい!

しいたけは、できるだけ肉厚で、カサが開ききっていないものがいいです。

しかし、肉厚のいいものは価格が高いことが多いです。

 

薄いしいたけは、古くは無く、逆に新鮮で、お安く売っている場合があります。

私は、新しければ(カサのヒダが白くてきれいなもの)、薄くても、しいたけは十分おいしいと思います。

スライスして、みそ汁や、あんかけの具、炊き込みご飯の具、などに使うといいと思います。

炒め物にも向いています。天ぷらや、網焼きでも十分おいしいと思います。

薄くて安いからといって、敬遠しなくても、充分においしいですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、生の「しいたけ」についてお伝えしました。

私は、乾物の扱いが苦手で、干ししいたけはほとんど扱ったことがないです(;^_^A。

でも、煮物に入っていると、真っ先に食べてしまうくらい好きです。

いつかちゃんと干ししいたけを扱えるようになりたいです。

 

※「栽培キット」もめちゃくちゃ楽しそうです(*’▽’)。

 

生のしいたけも、カサを上にして、ひっくり返さないで焼き、ヒダに水が出てきたら、そこに醤油を垂らして食べる、という、一番手間がかからない料理法が好きなものですから、あんまりレパートリーがありません。

後は炊き込みご飯に入ってると嬉しいですね。

嫌いな人も多いですが、しいたけは、独特の味と風味が、ほんとうにおいしいキノコだと思います。

安いものからでいいので、食べたことのない人や扱ったことのない人にも、調理して食べてみていただきたいです!(^^)!。

★関連記事:「まいたけ」の白いところは食べられる?洗って使う?賞味期限はあるの?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*