「穂じそ」(しそ/大葉の花)の旬はいつ?花壇で年に2回咲く花!?

「穂じそ」(しそ/大葉の花)の旬はいつ?花壇で年に2回咲く花!?

穂じそ」を知ってますか?

刺身の盛り合わせなどに添えられています。

刺身の雰囲気がよくなりますし、この「穂」(実?)を醤油小皿にしごいて入れて、刺身と一緒に食べ、香りと風味を楽しむものになっています。

大葉の旬は以前ご紹介しましたが、では、大葉の花である「穂じそ」には旬があるのでしょうか

<スポンサーリンク>

「しそ」の花の「穂じそ」!市販されている「穂じそ」の旬はいつ?

「穂じそ」は「青じそ」の花です。

青じそ=大葉です。

 

食卓用で市販されている「穂じそ」は、ハウス栽培などの「施設栽培」がさかんなこともあり、通年出回っています。

露地栽培(外での栽培)もあります。

なので、とりたてて「旬」と言える時期は、現在はありません。

本来の旬は「秋」とされています。

多く生産されているのは、愛知県になります。

 

<スポンサーリンク>

近所の花壇の「大葉」の花(穂じそ)は年に2回咲く!

大葉の花である「穂じそ」の旬は、一般的には「秋」と言われてます。

しかし、ウチの近所にある、とある会社の「花壇」の大葉は、なんと年に2回、花を咲かせます!!

(もちろん、葉も同様、春に生えて一旦枯れてなくなり、秋口にまた生えるのです。)

 

9月に許可をもらって撮影しました。

とある会社の駐車場であり、さして熱心に手入れされてるわけでもありません。

香りもかぎましたが、確実に「穂じそ」です。

 

実は、今年の4月下旬くらいにも、「穂じそが咲いてる!」と気が付いたのです。

1週間から10日くらいで、なんとなく枯れてきてしまうので、撮影ができませんでした。

ほとんど手入れ度合いは「道端」と言っていいくらいの、気楽な「花壇」です。

誰かに熱心に手入れされることもないのに、しっかりと生えてくるのです。

これが、道端の「ミント」と同じような、生命力の強さ、ワイルドさ(雑草はもっとすごいけど!)を感じて、面白く思っていました。

 

この「花壇」の近くを通るたびに、「穂じそは元気かな?そろそろ枯れてくるか?」とついつい気にしてしまいます。

とにかく、ここの「穂じそ」は年に2回、4月くらいと9月くらい(アバウト!)に花を咲かせます。(葉も同じです。)

 

ご自宅のお庭に植えている方はどうでしょうか。

やっぱりこれは「普通」なんでしょうか。

公式的には「秋」のようですけどね!(^^)!。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はシソの花「穂じそ」についてお伝えしました。

秋が旬と言われてますが、近所の花壇には、春にも咲いていました

シソは年に2回も生えるんですね(^^)/。

 

ネットにはあまり情報がなかったですが、シソをお庭で育てたりしている方には「常識」「普通のこと」かもしれませんね。

家庭菜園でも、「シソ」はあまり難しくないそうです。

お庭に生やして、欲しい時に摘み取って使うのもいいですよね(時期に限りがありますが…)

穂じそは香りもよく、大葉やわさびやしょうがと同じく、刺身を食べる時にあると嬉しい薬味です。

もし見かけたら食べてみてください(^^)/。

★関連記事:「大葉」の旬はいつ?「しそ(青じそ)」とは違う野菜?おいしい食べ方は?

★関連記事:【ハーブ】ミントの旬はいつ?人類とミントの歴史は長い!道端に生えていることもある!?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*