【キムチ】特許乳酸菌「CJGN34」を使ったキムチ!エバラCJ「本技・凄旨キムチ」!

【キムチ】特許乳酸菌「CJGN34」を使ったキムチ!エバラCJ「本技・凄旨キムチ」!

スーパーのキムチコーナーには、あまりにも色んなキムチがありすぎて、考えたり比較検討して買うのは大変です。

何が「得」で「損」なのか。

得も損もその差は大したことないし。

結局、直観で「今回はコレ!」と思うものを買います。

 

なので、キムチのアンケートをもし依頼されても、何も答えられません(;^ω^)。

それくらい、一般消費者には違いが分かっても、違いを表現するのが難しいのです。

 

今回は、焼肉のタレで有名な「エバラ」のキムチを見つけました。

特許を取った乳酸菌「CJGN34」というのを使ったキムチ、「本技・凄旨キムチ」というキムチです。

<スポンサーリンク>

エバラが販売するキムチだけど韓国直輸入!

パッケージにでかでかと「特許」の文字。

「乳酸菌」の次に、大きなアルファベットの羅列とアラビア数字。

従来のキムチにはありえない文字の並びです。

特許を取ったなんらかの乳酸菌を使ったキムチなのだな、と分かります。

この表示が、他のキムチと一線を画しています。

おもわず「ナニナニ?エバラ?買ってみるか!」というノリで購入しました。

 

ちなみに、2019年9月12日付のエバラのニュースリリースを見ますと、「乳酸菌を変更」とのお知らせがありました。

この乳酸菌から「CJLM119 」という、さらに特許を取った、新しい乳酸菌を使うそうです。

「2019年9月から順次切り替え 」とのこと。

そんな境目に、偶然に私は居合わせ、販売終了予定のキムチに出会ったわけでした(^^)/。

 

「エバラCJ」の「CJ」は、韓国の食品会社の略称だそうです。

ざっくり言うと、2社の合同で、このキムチを作ったということでいいと思います。

(一般消費者はこの程度の認識で十分ですよね。気になんかしない人のほうが98%ですね。)

 

呼び方は「本技 凄旨(すごうま)キムチ」です。

「本技」のほうを先に読みます。

 

「旨さひきだす乳酸菌」だそうです。

この「3文字+4文字+乳酸菌」というリズムの乳酸菌の言い方が流行ってますね!

 

「エバラ」のロゴと、「CJ」のロゴ、韓国産100%を表す、キムチのキャラ「アルンちゃん」もちゃんといます。

ここのパーツだけで、かなりの情報量です。

 

「旬のキムチから発見された乳酸菌」と「8種の海産物の旨み」「2種の唐辛子」がポイントとのことです。

 

<スポンサーリンク>

エバラCJ「本技・凄旨キムチ」を食べてみました!

開けると、こんな感じです。

開ける前から「乳酸菌」というワードが入ってるせいか、酸っぱい香りを感じます。

キムチうどんに使うために購入したので、このキムチは期待できます。

乳酸発酵しているので、コクがありそうだし、キムチの酸味は加熱調理にピッタリだからです。

 

キムチうどんに入れて食べたのですが、やはり味に深みがあっておいしかったです。

ふつうに、ご飯と一緒に食べてもおいしいです。

韓国直輸入キムチに言えることですが、肉やチャーハンなどの炒め物料理、キムチ鍋、キムチうどんなどの煮込み料理にぴったりです。

乳酸菌がきちんと働いて発酵しているキムチだからか、最後までおいしく食べられました。

 

2019年9月から順次切り替わっているので、この乳酸菌のキムチはもう食べられないのかもしれませんが、次の新しい乳酸菌にも期待したいと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「エバラCJ」の特許乳酸菌を使用したキムチ「本技凄旨キムチ」についてお伝えしました。

中の乳酸菌がちょうど切り替わる、という時期に知らずに購入し食べた、ということも面白かったです。

 

発酵食品は、やはり「発酵」がミソだと思うので、次の新しい乳酸菌はどうでしょうか。

エバラがキムチを製造・販売していることも知らなかったので、勉強になりました。

キムチは本当に種類が多いです!

また他のキムチも順次ご紹介していきたいと思っています。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*