【梨】「あきづき」はどんな梨?旬はいつ?主な産地は?

【梨】「あきづき」はどんな梨?旬はいつ?主な産地は?

日本で食べられる代表的な果物の一つが「梨」です。

梨も、色んな種類が出回っていますよね。

今回は「あきづき」という品種についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

梨の「あきづき」はどんな梨?主な産地は?

「あきづき」は2001年に品種登録された梨です。

茨城県つくば市の農研機構果樹研究所で誕生しました。

「新高(にいだか)」と「豊水(ほうすい)」を交配してできたものに、「幸水(こうすい)」を掛けあわせて育成された赤梨だそうです。

(「赤梨」は、皮が褐色でザラザラしているものを言います。)

豚肉の「三元豚」みたいな感じの掛け合わせですね🐖。

 

収穫時期の「秋」と、月のように丸いことから「あきづき」と名付けられました。

主な産地は、福島、茨城、千葉、熊本、栃木などで、けっこうあちこちで作られています。

 

<スポンサーリンク>

「あきづき」の旬はいつ?

「あきづき」の収穫時期は9月下旬から11月いっぱいくらいまでです。

桃やメロンみたいに「追熟」させるものではないので、収穫したら食べごろと言えます。

売っているものを買ったら、できるだけ早く食べきるのが無難です。

ビニール袋に入れ、野菜室に置けば、1週間は大丈夫です。

 

「あきづき」を食べてみました!

 

私が買った「あきづき」は、丸く、コロンとしていて、みるからにジューシーそうに見えました。

 

 

やはり身はジューシーでした。

とても甘かったです。

歯ごたえはザクザクと気持ちのいいものでした。

 

舌触りも梨特有のザラザラ感は少なかったです。

甘くて味のいい、食感もよい梨だと思います。

 

「あきづき」は、残暑厳しい、喉の乾きやすい時期に食べるのにぴったりな果物だと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「あきづき」という品種の梨についてお伝えしました。

梨にも多くの品種がありますが、「あきづき」は幸水や豊水、新高などの次くらいに生産されているようです。

この品種はあまくておいしいので、もっと広まっていくのではないかと思います。

 

スーパーでも見かけると思います。

ぜひ1度食べてみてください(^^)/。

★関連:【梨】「新高(にいたか)」は大きくてジューシーで食べやすい梨!

★関連:【梨】栃木県の梨「にっこり梨」がおいしい!!旬はいつ?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*