【梨】「新高(にいたか)」は大きくてジューシーで食べやすい梨!

【梨】「新高(にいたか)」は大きくてジューシーで食べやすい梨!

新高(にいたか)」は他の梨に比べて大きい梨です。

歴史も長く、人々に親しまれている梨です。

今回は「新高」について旬や産地、味などをお伝えします!

<スポンサーリンク>

「新高」はどんな梨?

「新高」は、1927年(昭和2年)に命名された、歴史のある梨です。

種類は「赤梨」(皮の色が褐色)になります。

当時は、新潟県の梨(「天の川」)と高知県(「今村秋」)の梨の掛け合わせと思われていたので、両県の文字をとり、「新高」と名付けられました。

(しかし、その後の遺伝子解析により、高知県の梨ではなく神奈川県の梨(「長十郎」)の可能性が高いことがわかりました。)

 

「新高」は「豊水」や「幸水」に次ぐ生産量の梨です。

平均的に大きい品種です。

その分お値段も張りますが、食べ応えのある大きさです。

時には1キロを超えるものもあらわれたりするのが「新高」です。

 

<スポンサーリンク>

「新高」の旬や産地は?

「新高」の旬ですが、9月から10月いっぱいが出回る時期です。

10月がピークになります。

 

主な産地は熊本県、千葉県、新潟県です。高知県でも生産があります。

 

「新高」はジューシーでおいしい梨!

新高は、見る角度によって、少し角ばっているように見えます。

しかし、角ばっているようでも、果肉が固いわけではないので大丈夫です。

 

とても水分の多い品種です。

口に入れた最初は、甘みをさほど感じないかもしれません。

水分の多さのほうを感じます。

しかし、後からじわじわと甘みと旨みがきます。

そして、さわやかな酸味があります。

噛んでいると、最後にまた優しい甘みが来て、残ります。

ジューシーであり、歯ごたえがあります。

 

大きくて食べ応えがあるので、数人の家族なら1個で十分シェアできそうです。

運動会の時期に「新高」が手に入れば、運動会のお昼にピッタリだと思います。

 

梨は「追熟」のない果物です。

買ったらできるだけ早く食べましょう。

購入当日に食べない場合は、新聞紙に包み、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室にいれて置き、できるだけ早く食べてくださいね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は梨の「新高」についてお伝えしました。

大きくて食べ応えがあり、ジューシーで甘くさわやかな酸味のある、おいしい梨です。

家庭用!土田農園の日本梨 新潟県産 新高 10kg(12〜18玉)【新高梨】【10月中旬頃から順次発送】【送料無料】

 

韓国の焼肉料理「プルコギ」では、肉の漬けダレに梨を使ったりします。

梨にはお肉をやわらかくする効果がありますし、梨の入ったタレはとてもおいしいです。

 

「新高」がもし食べきれない時は、肉料理に使ってしまうのもおすすめですよ。

★関連:【梨】「あきづき」はどんな梨?旬はいつ?主な産地は?

★関連:【梨】栃木県の梨「にっこり梨」がおいしい!!旬はいつ?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*