【六花亭】「白樺羊羹」が食べやすくておいしい!ユニークなパッケージ!

【六花亭】「白樺羊羹」が食べやすくておいしい!ユニークなパッケージ!

北海道の有名お菓子メーカー「六花亭」には、羊羹もあります。

羊羹といえば「虎屋」があまりにも有名ですし、確かにとてもおいしいですよね。

それと同じくらい、しみじみと「おいしい…」と思った羊です。

今回は六花亭の「白樺羊羹」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

六花亭「白樺羊羹」は白樺の木を模したパッケージ!

私は「こし餡」を入手しました。

2019年の敬老の日向けの「いつまでもお元気で」のアソートパックに入っていたお菓子の一つです。

 

公式通販サイトを見ますと、3種セットで販売されており、他には「小倉餡」「栗の詰め合わせ」があります。

他の2種もとてもおいしそうです。

  

(写真引用元:「六花亭オンラインショップ」

六花亭の箱などのパッケージデザインが本当に好きなのですが、これも素晴らしいです。

いつか3種セットで買ってみたいです。

 

羊羹はお砂糖をたっぷり入れて作ってあり、基本的に日持ちのするお菓子です。

なので、保存料を入れる必要はほとんどないお菓子と言えます。

この六花亭の羊羹も、原材料は「砂糖・小豆・水飴・寒天」と、4つのみでシンプルです。

 

デザインは、その名の通り、北海道など涼しいところに生息している「白樺の木」を模したものです。

 

白樺の木に羊羹を詰めてしまう発想がすごいです。

北海道の自然物を表現したパッケージに羊羹を入れるのは面白く思います。

 

<スポンサーリンク>

六花亭「白樺羊羹」は糸を使って切りながら食べる!

 

糸を引き上げ、底から羊羹を押し出し、糸でぐるっと切り取りながら食べるようになっています。

糸は、底のほうにあります。

そんなに難しくなく、簡単に羊羹を取り出し、切ることができます。

昔からある発想のものですが、よくできていると思います。

 

底から糸を上方へ引き上げると、サイドが切れます。

 

フタを開けると、中身が見えます。

白いものは、お砂糖の結晶ですので、食べて大丈夫です。

むしろ、こういうのがおいしいです。

 

底を押し、好みの大きさを出し、糸でくるっと巻いて切ると、すぐに切り取ることができます。

 

こんな感じでお皿に出してもいいですし、手に取りながら食べてしまってもいいと思います。

 

六花亭「白樺羊羹」はやさしくておいしい羊羹!

きめの細かいこし餡です。

砂糖の甘さはさほどではなく、寒天の要素も少なく、一口食べると、すぐに口の中でほどけていく感じです。

そこが非常に食べやすく、おいしいです。

餡の割合が高いのかもしれません。

 

お年寄りなど、歯の弱い方にも食べやすいと思います。

となると、小さい子にもいいですね。

砂糖をそんなにどぎつく感じないので、辛党の私でもすごくおいしいと思いました。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は六花亭の「白樺羊羹」についてお伝えしました。

とても上品な味の、食べやすい、おいしい羊羹です。

これも北海道土産にとてもいいですね。

 

六花亭はアソートパックが多いですが、これが入っていると嬉しいかもしれません。

 

もしどこかで見かけたら、ぜひ食べてみてください!

★関連:【2019敬老の日・コープデリ】六花亭「いつまでもお元気で」の中身!!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*