【チルドカップ】スタバの「カフェラテ」はデザインが美しい!飲みやすくておいしい!

【チルドカップ】スタバの「カフェラテ」はデザインが美しい!飲みやすくておいしい!

「カフェラテ」を知らない人に説明する時、「要するに”コーヒー牛乳”ですよ」、と言います。

ベースのコーヒーは「エスプレッソ」で、それにミルクを入れたものが「カフェラテ」なのです。

しかし、飲む人によっては「コーヒー牛乳」という認識になり、それはあながち間違いとも言えません。

不特定多数の多くの人に飲まれる可能性の高い、コンビニではなおさらです。

 

スタバの「カフェラテ」は、そういうシンプルな考えで飲んでしまっても十分にのみやすく、おいしい飲み物です。

今回はスタバのチルドカップ「カフェラテ」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

スタバのチルドカップ「カフェラテ」のデザインがシンプルで美しい!

(写真引用元:サントリーニュースリリース) 

 

ただの「ブラウン」色ではありません。

少し光沢があり、どちらかというと「シャンパンゴールド系」です。

 

 

どんな色にするにしろ、このマーク(セイレーンという人魚がモチーフ)やストローの色といつも、必ずマッチしているのがすごいです。

この緑が合わないデザインや色にはしないんでしょうね。

 

すごくシンプルなんですが、セイレーンのマークは大きくて、しっかりと売り場で目をひきます。

それだけ、スタバのマークは人々に定着してしまっているのでしょう。

 

<スポンサーリンク>

スタバのチルドカップ「カフェラテ」は後味すっきりでおいしい!

この商品もやはり「乳飲料」です。

定義としては、「カフェラテ」というものはコーヒー(エスプレッソ)2に対し、8の割合がミルク、という飲み物だそうです。

なので、このスタバの「カフェラテ」もミルク度が高いんですね。

やっぱり、よく知らない人が飲むと「コーヒー牛乳じゃん」と思うのは無理もないと思います。

 

ミルクたっぷりのコーヒー飲料によっては、後味が気になったりするものもよくあります。

しかし、これは全く後味が気になりません。

コーヒーの味もおいしく、トータルの味は飲みやすく、濃厚ながらスッキリしています。

とてもおいしいです。

もしかしたら、商品リニューアルで、味もさらにおいしくなったのかも知れませんね。

 

そんなに苦くないので、コーヒー牛乳好きの子どもでも大丈夫ではないかと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、スターバックスのチルドカップ「カフェラテ」についてお伝えしました。

パッケージの色が上品できれいなのが個人的に好きです。

コーヒー豆とコーヒーの葉のモチーフもスッキリとしてオシャレです。

このチルドカップは「定番」とも言える味ですので、秋冬でも販売していると思います。

味はおすすめですよ!

★関連:【チルドカップコーヒー】スターバックス「ライトショットエスプレッソ」がおいしい!

★関連:【2019ハロウィン】スタバのチルドカップ「スウィートキャラメルプディングラテ」がおいしい!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*