日清カップヌードル「グリーンカレー」がおいしい!

日清カップヌードル「グリーンカレー」がおいしい!

本当にしっくり来ていて、おいしいものは「何で今までなかったんだろう」と思います。

まさに、日清カップヌードルの「グリーンカレー」はそれです。

2019年9月23日に発売になったばかりのカップヌードルです。

今回は日清カップヌードル「グリーンカレー」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

日清カップヌードル「グリーンカレー」は本格的なグリーンカレーを目指したもの!

日清のニュースリリースでは「満を持して登場!」とあります。

確かに、「満を持して」という感じがします。

なんで今までなかったの?と思ってしまうからです(ガンプラとの企画モノとしてはあったらしい)。

 

  

 

同じタイ料理の「トムヤムクンヌードル」はあまりにもおいしくて、カップヌードルとの相性も良くて、2014年の登場からずっと販売されています。

カップヌードルとタイ料理の相性はいいのかもしれません。

なので、この「グリーンカレー」を見た時、「絶対おいしいやつだ…」と直感しました。

 

私は20年以上前から、タイカレーが大好きで、自分でも何回か作ったことがあります。

タイ料理は他の家族が食べないので、最近はもっぱらレトルトやレストランで食べますが、けっこう、グリーンカレーは食べているほうです。

これで、自分が好きなやつだったら、こんなにいいことはないなあ、という気持ちで買いました。

 

パッケージのコピーにも、タイ産生姜を使っていることを強調していたり、味付けにはこだわりがあることがアピールされています。

「奥行きのある濃厚な味わい」とはどんな味なんでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

カップヌードル「グリーンカレー」はペースト付き!

「トムヤムクンヌードル」のように、これにも「グリーンカレーペースト」が付いています。

タイ料理のカレーペーストなどは、その材質上、パックからあまり出しやすいものではありませんので、しっかりしぼり出さないといけないでしょう。

(「トムヤムクン」の場合も、中に何かしら残ることがあります。)

 

ペーストを剥がしたあとの、模様と色がきれいです。

全体的に、きれいなやさしいグリーンですが、それはちゃんとタイのグリーンカレーに近いものになっていると思います。

 

「グリーンカレーヌードル」を食べてみました!

フタを開けると、パプリカや鶏肉など、大きめの具材と、粉末スープが入っています。

ここに、生姜がたくさん入っているのかもしれません。

 

お湯を注いで3分後です。

 

ペーストを入れました、意外にも、かなりの茶色でした。

 

スープの様子はこんな感じです。

 

味は、かなり濃厚です。

ほんとに「グリーンカレー」です。

その再現度の高さ・旨さにとてもびっくりしました。

ペーストにはレモングラスが入っていて、これも本格的な味の一助となってます。

すごくおいしいです。

 

パプリカや鶏肉は、なかなか大きく、食べ応えがあります。

パクチーも入っているので、香りはバッチリです(苦手な人にはキツイかもしれません(;^ω^))。

麺は、このスープに合っていて、つるつると入ります。

とにかく、グリーンカレー風スープがおいしいのでびっくりしました。

生姜は効いているし、ココナッツミルク感もばっちりです。

 

タイ料理のグリーンカレーの要素は、ほぼ全て入っているのでしょう。

「トムヤムクンヌードル」と同様、エスニック好きにはたまらないカップヌードルに仕上がっていると思います!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、新商品である日清カップヌードル「グリーンカレー」についてお伝えしました。

カップヌードルも、グリーンカレーも好きなら、ぜひ試してみていただきたいです(^^)。

コンビニやスーパーで売っていますので、見かけたら食べてみてください!

★関連:タイ料理が好きだからこそ好きになった日清の「トムヤムクンヌードル」!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*