【梨】栃木県の梨「にっこり梨」がおいしい!!旬はいつ?

【梨】栃木県の梨「にっこり梨」がおいしい!!旬はいつ?

にっこり梨」という、楽しい名前の梨があります。

栃木県で生まれた梨だそうですが、どのような梨なんでしょうか。

収穫時期や旬はいつなのでしょうか。

今回は「にっこり梨」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「にっこり梨」は「新高」に「豊水」を交配して生まれた梨!

「にっこり梨」は栃木県の農業試験場にて、「新高」に「豊水」を交配させて生まれた種です。

1984年のことなので、もう35年になります(2019年現在)。

1996年に品種登録されました。

 

 

 

「にっこり」の由来は、栃木県の有名な観光地「日光」と中国語の「梨」を表す音「リー」を組み合わせたものになります。

栃木県生まれで、栃木県の特産になっている梨です。

なので、生産はほぼ栃木県でしたが、現在は千葉県でも一部生産されているそうです。

 

かなり大きめの梨です。

 

大人の両手でやっと持てるくらいの大きさになります。

重さは700gほどからで、大きいほど甘い、という特徴があります。

 

<スポンサーリンク>

「にっこり梨」を食べてみました!

 

私が買った「にっこり梨」はこの種のなかでも、中くらいの大きさだと思います。

700g~800gくらいでしょうか。

価格は1個250円ほどですので、梨の中では高いほうかもしれません。

でも、大きさ・重さを考えると、それくらいはするかな、という感想です。

 

 

 

果物ナイフで皮をむくのも、1個が重いし大きいのでなかなか大変でしたが、縦に割るのも大変でした。

果物ナイフの長さだと実の長さに届かないのです。

なので、普通の文化包丁で切りました。

 

とてもおいしい梨でした。

甘さはそれほどでもなかったですが、酸味も少ないのでやさしい甘さがほんのりと感じられます。

何より、旨みと味がいいです。

ジューシーでもあるので、歯ごたえ(固さ)も梨特有のザラザラ感も存在しますが、あまり気になりませんでした。

 

言葉にたとえようのない、旨み、味わいがある梨だなと思いました。

もう少し甘いといいのかもしれないですが、でも十分だとも思います。

かなりおすすめの梨です!

 

「にっこり梨」の収穫時期と食べごろは?

「にっこり梨」は梨のシーズンの中でも、お店に最後の方にあらわれる「晩成種」です。

栃木県では、10月中旬から下旬に成熟すると言われています。

なので、お店で10月中旬から下旬に見かけたら、買ってみましょう(^^)/。

 

収穫は、10月中旬から11月中旬辺りまでです。

貯蔵可能な梨なので、正月辺りまでお店で売っていることもあるそうです。

しかし、梨は追熟する果物ではないので、収穫時期である10月中旬から11月中旬が、やはり「食べごろ」になります。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、栃木県の名産の梨、「にっこり梨」についてお伝えしました。

大きくて食べ応えがあり、ジューシーでやさしい甘さの、旨みの多い、おいしい梨です。

 

梨の中ではかなり大きいので、3~4人くらいの家族なら、1個で十分ではないでしょうか。

おススメの品種だと思います。もし見かけたらぜひ買って食べてみてください!

★関連:【梨】「新高(にいたか)」は大きくてジューシーで食べやすい梨!

★関連:【梨】「あきづき」はどんな梨?旬はいつ?主な産地は?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*