【カップうどん】「桃屋のつゆで仕上げたきつねうどん」がおいしい!(サッポロ一番)

【カップうどん】「桃屋のつゆで仕上げたきつねうどん」がおいしい!(サッポロ一番)

自分でうどんを食べる時、「めんつゆ」には非常にお世話になります。

しかし、カップうどんには意外と、この味は使われていないような気がします。

カップうどんに「桃屋のつゆ」を使ったカップうどんがあります。

それが「サッポロ一番」(サンヨー食品)の「桃屋のつゆで仕上げたきつねうどん」です。

<スポンサーリンク>

サッポロ一番「桃屋のつゆで仕上げたきつねうどん」はパッケージが印象的!

 

 

桃屋のつゆのカラーとおそろいのパッケージです。

 

このキャラクターは、「サザエさん」のマスオさんでもなく、「大村崑」さんでもなく、昭和を代表する喜劇役者、「三木のり平」さんです。

(私はてっきり大村崑さんだと思い込んでました(;^ω^)。大村崑さんは、「オロナミンC」ですよね。)

 

桃屋は「江戸むらさき」「ごはんですよ」が代表的な商品です。

このカップうどんのパッケージも「むらさき」が基調になっています。

 

<スポンサーリンク>

「桃屋のつゆで仕上げたきつねうどん」はふつうの麺つゆうどんの味がしておいしい!

原材料欄に、「桃屋のつゆ使用」と書かれています。

 

 

フタを開けると、上のようになります。

麺の上には何も載っていませんでした。

 

作り方はカンタンで、かやくだけ麺の上に開けて、熱湯を注ぎ、5分待ちます。

 

「かやく」はこのようになります。

きつねうどんなので、刻みあげがあります。

何より、この可愛らしいお花のかまぼこがたまりません(´▽`*)。

こういうのには癒されます。

 

 

 

桃屋のつゆがメインのおダシなので、意外にあっさりしている印象です。

逆に、普段よく食べているカップうどんは、味が複雑に作られてるんだな、というのがわかります。

ほんとうに、「めんつゆ」でカップうどんを食べているようです。

ありそうで無い味のカップうどんであることがよく分かりました。

 

パッケージが紫、というのは、実は食欲をそそる色ではないように思います。

しかし、これは「桃屋のつゆ」を使っている、というのが商品の特徴で、かつアピールポイントのため、紫が使われているのだと思います。

キャラクターの「のり平」さんのイラストも大きく使われています。

やはり、このカップうどんは「桃屋」のものを使っている、と全面に押し出す必要がある商品なんだな、というのがよくわかります。

 

このカップうどんそのものの味は、シンプルで、めんつゆの味でカップうどんを食べる、というありそうでなかった発想の味で、私は思っていたよりも好きでした(^^)/。

お揚げの味もとても良かったですよ。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は 「サッポロ一番」(サンヨー食品)の「桃屋のつゆで仕上げたきつねうどん」についてお伝えしました。

めんつゆ味が、意外に感じてしまう、おいしいカップうどんです。

寒い季節ににはぴったりですよ(^^)/。

ぜひ食べてみてください!

★関連:【マルちゃん】「白い力もちうどん」は寒い冬に食べるのに最高なカップうどん!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!