【花木類】「ビオラ」は初心者でも育てやすい花!時期や花言葉は?

【花木類】「ビオラ」は初心者でも育てやすい花!時期や花言葉は?

(2020年12月31日更新)

ビオラ、という花は、とても育てやすい花で、公共施設の花壇でも多く見られます。

一般家庭の庭やプランターにもよく咲いている花です。

 

 

今回は「ビオラ」の咲く時期や、苗を買う時期、花言葉などについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「ビオラ」は苗を買ってしまうのがラクで早い!

ビオラは、ヨーロッパや西アジアが原産地です。

 

多きめの花を「パンジー」、小さめを「ビオラ」などと呼び分けていましたが、

かなり交配が進み、最近では分かりにくくなっているそうです。

 

今回は、小ぶりなほうの「ビオラ」についてお伝えします。

 

上の写真の真ん中あたりに、ビオラの種があるのがわかりますでしょうか。

 

ビオラは、種を蒔いて育ててもいいのですが、10月下旬くらいから、苗がお店で売られ始めます

寒さに強いので、11月すぎ、もっと気温が下がるようになってからでも大丈夫です。

むしろ、11月ごろがちょうどいいくらいです。

 

苗を買ってくれば、ポットに植え替えたり、お庭にそのまま植えればいいので、ラクです。

土が乾いてきたな…と思う頃に水をやればいいだけで、良く育って、花を咲かせてくれます。

 

<スポンサーリンク>

「ビオラ」の開花時期はいつ?

ものすごく寒い日に公園に行っても、ビオラが元気に咲いているのをよく見かけます。

ビオラは、耐寒性の強い植物なのです。

なので、さみしくなりがちな、冬の公園や花壇を彩ってくれる花として、とても人気があります。

 

 

開花時期は、11月から6月です。

冬の間も、花を咲かせます。

また、育てるのに、手間や技術が必要ないため、初心者にもとてもおススメの花です。

 

花としての見ごろは、春先の3月から、連休のある5月頃と言われています。

寒い時期に咲くとしても、春先が見ごろなんですね。

 

ビオラの花言葉は?

ビオラの花言葉はたくさんあります。

「小さな幸福」「あどけない恋」「忠実」「誠実」「信頼」「物思い」「少女の恋」「私のことを思ってください」…などです。

 

ビオラは小さくてかわいい、可憐な花です。

その見た目から連想されるような言葉になっています。

 

ビオラの種類は、交配が進み、その数は数千種以上になるそうです。

ひとつの花に、2つの色があったり、組み合わせも千差万別ですよね。

それだけ、人々に愛されている花なんでしょうね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、街や公園でよく見かけるお花、「ビオラ」についてお伝えしました。

見たことないという人はいないのではないかと思うくらい、この花を意識して街をあるくと、あちこちに咲いていることに気づきます。

ビオラ苗 3号苗 24鉢セット花色おまかせ

 

私は植物を育てるのが非常に苦手ですが、これは超簡単だよ、と人に薦められ、苗を買ってみました。

毎日ではなく、土が乾いてきたな…と思う頃に水をやり、放っておいても、どんどん花を咲かせてくれています。

チャレンジしてみてよかったな、と思いました(^^)。

 

花なんて小学校のチューリップ以来やったことないよ…という方でも大丈夫な、丈夫で育てやすい植物です。

ぜひ試してみてください。

★関連:【花木類】キンモクセイ(金木犀)の花の咲く時期はいつ?花言葉は?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!