【りんご】大きさは小さいけれど、味・食感は最高の「高徳りんご」!(こうとく・こみつ)

【りんご】大きさは小さいけれど、味・食感は最高の「高徳りんご」!(こうとく・こみつ)

(2020年12月23日更新)

小さいけれど、食感と味が最高!と思うりんごがあります。

それが「高徳」(こうとく)りんごです。

(一部「こみつ」とも言われてますが、こちらは登録商標になります。)

今回は「高徳りんご」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

高徳りんごはどんなりんご?

高徳(こうとく)という品種は、青森県にて栽培が開始されました。

登録されたのが1985年とのことなので、2020年時点で35年になります。

 

あまり出回っていない、比較的珍しい品種です。

りんごの大きさは、小ぶりです。

大きさを統一して出荷することが難しいので、お店で売られているのも大きさがまちまちです。

 

他のりんごは1個いくら、と定価になっていても、この高徳りんごは、グラム単価で売っていたりします。

色合いも、上の写真のものはけっこう赤いほうで、白と赤がまだらになっていることが多いです。

 

大きさが一定せず、色もまばら。

これが、今の食品流通では嫌われてしまう要素となります。

なので、とてもおいしいりんごにも関わらず、栽培農家がほとんどいなくなる事態になるまで、このりんごの栽培は衰退していたそうです。

 

しかし、味の良さ、香りの良さは捨てがたく、青森県の「津軽石川農協」の努力により、「こみつ」という登録商標でブランド化されるまでにいたりました。それが、2007年のことです。

 

「こみつ」の魅力は伝播し、他の県でも作られるようになりました。

「こみつ」は青森県の高徳りんごにしかつけられない名前なので、他の産地では「高徳りんご」として売られます。

 

生産農家がまだまだ少ないし、収穫量も少ないことから、希少価値が高く、お値段も高くなってしまうりんごです。

実際にお店で見ると、「なんでこのりんごが長い間日の目をみなかったのか…」と思うくらい、可愛らしい中にも、力強さを感じるりんごです。

今は「知る人ぞ知る」りんごとなり、人気も出てきています。

 

<スポンサーリンク>

高徳りんごは蜜がいっぱい入っている!!

高徳りんごは、身の中の蜜の割合がすごく高いです。

 

少なくとも、これくらいは蜜が入っています。

身が引き締まっており、甘さもありながら酸味もあり、香りもいいです。

 

 

身の半分以上に、蜜が入っている個体もあります。

透き通っています。

 

 

かなりの割合で蜜が入っていると、上の写真のように、砂糖で煮込んだものと同じくらいの透明感があります。

甘さも濃厚で、酸味はほどよく、香りも強いので、小ぶりながらも食べ応えのあるりんごです。

 

高徳りんごの主な産地は?食べごろ(旬)はいつ?

上に書いたように、「消滅」寸前だった高徳りんごを復興させたのは、青森県の農協です。

なので、とくに「こみつ」というブランド の高徳りんごは、青森県産になります。

 

他には、山形県でも作られています。

甘味が強く、蜜の度合いも高く、蜜が濃すぎて透明感が出ているりんごです。

 

「幻のりんご」などのキャッチフレーズで売られています。

りんごが好きでも、この高徳りんごの存在を知らない人は、まだまだいるかもしれません。

もっと、生産が増えていくといいですね。

 

  

高徳りんごの収穫時期は10月下旬から11月上旬にかけてです。

出回るのは11月ごろからになります。

年が明けて1月まで売られていたりしますが、食べごろ(旬)は11月から12月です。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「幻のりんご」とも言われる、「高徳りんご(こみつ)」についてお伝えしました。

香りがよく、甘さと酸味のバランスがよく、味の濃い、蜜もたくさん入っている、かなりおすすめのりんごです。

他の一般的なりんごに比べて、少々高めの値段ですが、1度は食べていただきたいと思う、おいしいりんごです。

お店でも売られていることがあります。もし見かけたら食べてみてください!

★関連: 【柿】平核無柿(ひらたねなしがき)は食べやすくておいしい柿!旬はいつ?

★関連:りんごを生で食べるのがなんとなく嫌!でも加熱したらおいしく感じるのはなぜ?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*