【ローソン・ウチカフェ】「ロイヤルミルクティー」がおいしくておすすめ!(チルドカップ)

【ローソン・ウチカフェ】「ロイヤルミルクティー」がおいしくておすすめ!(チルドカップ)

暑い夏はもちろん、寒い冬でも、冷たいロイヤルミルクティーはおいしいですよね。

ミルクティーの飲料はたくさんありますが、今回はローソンで買える、「ウチカフェ」シリーズのチルドカップ飲料、「ロイヤルミルクティー」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

ローソンのチルドカップ飲料「ロイヤルミルクティー」はアールグレイを使用!

 
紫のマットな色合いが上品です。

やはりベルガモットを使った「アールグレイ」という紅茶は、高貴なイメージがあるのでしょうか。

 

「ベルガモット」は日本ではあまり見られないかんきつ類です。

この香りを付けた紅茶が「アールグレイ」と呼ばれるものです。

イギリスが発祥の地です。

 

★関連:アールグレイはフレーバーティー!どんな紅茶なの?

★関連:【紅茶】第3世界ショップの「アールグレイ紅茶」がおいしい!気品のある香り!

 

かなり濃厚な、香りの強い紅茶になるため、ミルクティーにもよく使われるフレーバー紅茶です。

ベルガモットとミルクの味の相性がいいとも言われています。

 

ご家庭で作る場合は、普通に飲むよりもかなり濃い目に抽出する必要があります。

 

<スポンサーリンク>

ローソンのウチカフェ「ロイヤルミルクティー」は味がはっきりしていて濃厚でウマイ!

既製品(ペットボトルや缶)のミルクティーは、時々、甘さとミルクの味の方が強くて、茶葉の味があまりせず、なんだ味がはっきりしないな、ぼやけているな、と思うことがあります。

なので、普段は既製品のミルクティーを飲む気にはあまりなりません。

 

しかし、このローソンの「ロイヤルミルクティー」は違いました。

紅茶の味が濃く感じられるのです。

 

そして、そもそも「ロイヤルミルクティー」という言い方は、あたためた牛乳で茶葉を煮だして、お茶にしたものを言います。

紅茶を、お湯で抽出しているのではなく、温めたミルクで抽出したミルクティーを、「ロイヤルミルクティー」と言うのです。

(多少のお湯を使う方法もあります。)

 

濃厚なミルクの味の後にくる、濃く抽出された茶葉の味がちゃんとして、甘さもしっかりあります。

これが、疲れが取れるような、リフレッシュできるような、気分になります。

味が良くて「ウマい」紅茶飲料だと思います。

「もっと飲みたいなあ」と思ってしまうおいしさと味でした。

(240㎖で税込148円です。)

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、ローソンの冷蔵コーナーで販売されているチルドカップ飲料、「ウチカフェ・ロイヤルミルクティー」についてお伝えしました。

寒い冬の間も売っていると思います。

家の中で鍋物など、体があたたまる食事をした後、飲むと美味しいだろうなあ、と思います。

辛いカレーを食べた後もいいかもしれません。

コンビニのチルドカップは比較的賞味期限が長いので、いくつか買っておくのもいいなと思います。

もし機会があったら飲んでみてください(^^)/。

★関連:ジャワティーどこに売ってる?見つけると嬉しい、おいしいジャワティー!(ジャワティーのミルクティーについても書いてます。) 

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!