日清のどん兵衛「かき揚げ天ぷらうどん」!かき揚げのボリュームとあっさりおつゆがおいしい!

日清のどん兵衛「かき揚げ天ぷらうどん」!かき揚げのボリュームとあっさりおつゆがおいしい!

寒くなってくると、インスタントのカップうどんがおいしく感じられます。

寒い日に家に帰ってくると、とりあえず食べたくなってしまいますよね。

2019年の秋からも、日清どん兵衛の「かき揚げ天ぷらうどん」は、再びコンビニやスーパーで見かけるようになりました。

私はほとんどこのうどんの存在を知らなかったので、食べてみました!

<スポンサーリンク>

「どん兵衛かき揚げ天ぷらうどん」は「特盛」「鬼かきあげ」という言葉が目を惹くうどん!

 

私は、このパッケージを見た時、まず、色がいい、と思いました。

「おいしそうな色」です。

林家たい平さんの、「笑点」の衣裳の色に似てます。

そのせいか、元気でパワフルな印象です。

 

日清の製品、特にカップめんのデザインにはいつも感動するのですが、これも一見地味なようで、きちんと伝えるべき情報はのせてあって、インパクトもあり、「親しみのある和風」に徹した、素敵なデザインだと思います。

マルちゃんのカップうどんの、庶民的な和風テイストもとても好きなのですが、どん兵衛もいいですね(^^)/。

 

昨今は「鬼」という言葉、文字が流行ってますよね。

形容詞や名詞の前につけて使うことが多いです(「鬼アツい」とか「鬼作業」とか…)。

このどん兵衛も、「鬼うまい」「鬼かき揚げ」という言葉を使っています。

「超」という言葉が付くのも健在ではありますが、「鬼」とつくほうが新しい感じです

これにしっかりのっています。

コンビニに置くのですから、考え抜かれたコピーなのだと思います。

「鬼かきあげ」って、なんか凄そうですもんね。

「特盛」という言葉もインパクトあります。

 

ビッグサイズで、ファミリーマートにて232円(税込)でした。

 

<スポンサーリンク>

日清・どん兵衛「かき揚げ天ぷらうどん」はおつゆがあっさりめなのが意外!

 

「大盛めん100%」「特盛」「鬼かきあげ」などの文字が賑やかで、かなりのボリューム感を演出しています。

この、「千社札」か「お品書き」風に、短冊状にコピーが連なっているのは、ワクワクします。

 

中身は、大きなかき揚げと、粉末スープの袋です。

かき揚げは「後乗せ」なので、この時点では開けないでおいときます。

 

粉末の量も多いです。

どん兵衛のめんは、平たい感じが特徴的です。

マルちゃんの「赤いきつね」の、あの縮れた感じとまた違います。

どん兵衛のほうは、「稲庭うどん」に見た目が似ていると思います。

 

お湯を入れて5分後です。

ここにかき揚げを載せます。

 

こんな感じに出来上がります。

かき揚げの中に色々入っているので、他の具材はほとんどなく、一見シンプルに見えます。

しかし、このかき揚げがものすごくボリュームがあって、食べきれそうにないくらいのものです。

 

揚げ物ですから、大きいと私は少々もたれました。

おつゆが、関西風な感じの、かつおだしが効いたあっさりめのものなので、それに助けられている感じでなんとか完食しました。

おつゆが、かなり薄めに感じました。

私は薄味が好きなほうですが、それでも「薄い」と思ったので、他の人はどう感じるのかな、と少し考えてしまいました。

かき揚げがボリュームがあるから、おだしをあっさりめにしてバランスをとったのでしょうか。わかりません(;^ω^)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、日清どん兵衛「かき揚げ天ぷらうどん」についてお伝えしました。

かき揚げにかなりボリュームがあり、かたや、おつゆはかなりあっさりしている、麺はツルツルのカップうどんです。

日清食品 どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん 97g

 

かき揚げがお好きな方は、大満足の内容だと思います。

そうでもない人は、私のように、若干もたれてしまうかもしれません(;^ω^)。

おつゆはあっさりめ、麺はつるつる感のある、最近のどん兵衛の麺になっています。

もし機会があったら食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*