【生活クラブ】おいしくてかわいくて便利な冷凍お菓子「ミニたい焼き」!(ニッコー)

【生活クラブ】おいしくてかわいくて便利な冷凍お菓子「ミニたい焼き」!(ニッコー)

和菓子には、冷凍保存が向いているものがあります。

小麦粉を使った「たい焼き」や今川焼は、よく冷凍食品コーナーでも見かけます。

電子レンジ解凍や、自然解凍でOKなので、ラクです(^^)。

食べたい!と思った時に、食べたいぶんだけ解凍できるのもいいですよね!

今回は、小さくてかわいいたい焼きの冷凍食品、「ミニたい焼き」(生活クラブ)についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

生活クラブの「ミニたい焼き」はパッケージは地味だけど、中身は充実!

 

透明の袋に、ラベルが貼ってあるだけの、非常にシンプルなパッケージです。

作っている会社は、「株式会社ニッコー」という、神奈川県に工場のある企業です。

 

価格は10個入り380円(税抜)です。

1個当たり、税込40円ほどで食べられます。

 

1個の大きさは、大人の手のひらに収まるほどの大きさで、一般のたい焼きよりは小さく、可愛らしいです。

皮は国産小麦を使用しています。

中身のあんこは、北海道産小豆原料で、自家製です。

このように、主な原料は国産です。

パッケージにはお金をかけず、中身は充実させている、という製品が、生活クラブ生協には多いと思います。

 

<スポンサーリンク>

生活クラブ「ミニたい焼き」は電子レンジで温めるだけで食べられる!

1個当たり、500wの電子レンジで40秒ほどで温まります。

あまり長くなると、お腹が破裂して、あんが飛び出てきてしまいます。

飛び出てしまうと、あんこが少し乾燥してしまい、味をそこないますので注意しましょう(^^)/。

 

あんこの味は甘すぎず、「自家製」というだけあり、手作り感があり、ほっとするようなおいしさです。

そして皮は、国産小麦らしく、カリっとする中にも、もっちり感があり、味わいもあり、おいしいです。

小さい子からお年寄りまでファンが多いそうですが、確かにこのやさしいお菓子は多くの人に好かれそうです。

 

冷凍「ミニたい焼き」はレンチンの後トースターでちょぴり温めるとさらにおいしい!!

レンチンで十分おいしく食べられるのですが、皮がしっとりめの仕上がりになります。

私は、個人的には、皮はできるだけパリッとしていてほしいのです。

屋台やお店で買うたい焼きは、カリっとしているからです。

 

 

そこで、レンチンによって中のあんこからしっかり温めた後のたい焼きを、オーブントースターに入れ、1~2分ほど焼きます。

 

こうすることで、レンチン直後の水分を含んだ皮から、程よく水分が抜け、いい感じで乾燥するのです。

外はカリっとして、中はしっとりとしたたい焼きに仕上がり、さらにおいしくなりますよ。

 

これは他の冷凍食品のお菓子にも言えます。

今川焼(大判焼)や、冷凍や冷蔵で販売されているホットケーキを温めるのにも、仕上げにトースターで「余分な水分を飛ばす」という感覚で短時間温めると、かなりおいしくなります。

ニチレイ FQ今川焼 80g×10個入り

 

ぜひやってみてください!(^^)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、生活クラブ生協で扱っている、(株)ニッコーの冷凍「ミニたい焼き」について、お伝えしました。

あんこも皮もおいしく、国産原料を使いながらも、価格は高すぎることのない、コスパのいいお菓子だと思います。

生活クラブ生協でしか扱っていないようですが、もし機会があったら食べてみてください。(^^)/。

★関連:いつでもおいしい和菓子が食べられる!「冷凍和菓子」がおすすめ!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*