【永谷園】遠藤関の笑顔もさわやか!「煮込みラーメン」しょうゆ味!

【永谷園】遠藤関の笑顔もさわやか!「煮込みラーメン」しょうゆ味!

永谷園の「煮込みラーメン」が初めて発売されたのは、平成15年(2003年)でした。

当時は、のびやすいイメージのラーメンを「煮込む」というので、びっくりしたのを覚えています。

今年、2020年で発売17年にもなる、ロングセラー商品です。

今では、もうすっかり定着して、冬の家庭料理の定番になっていると思います。

今回は、永谷園の「煮込みラーメン」しょうゆ味についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

永谷園の「煮込みラーメン」は、”煮込み専用”の麺が開発されてるので安心して「煮込める」!!

世の中ではすっかり定着しているとはいえ、個人的にはラーメンを「煮込む」ということに抵抗があり、何となく食べていませんでした。

しかし、もともと好きだったまつやの「とり野菜みそ」味を食べてみて、あまりにもの美味しさにビックリしました。

★関連:【まつやとコラボ】永谷園・煮込みラーメンの「とり野菜みそ味」がおいしい!!

 

永谷園の、煮込みラーメンの公式サイトを見ますと、煮込み専用の麺を開発している、とのことでした。

だから、煮込んでも、伸びておいしくなくなる、ということは無いそうです。

もっと早く食べてみても良かったな…と思います(^^)。

 

<スポンサーリンク>

遠藤関など、お相撲さんのキャラクターがピッタリのパッケージ!

今回は、いちばんオーソドックスと思われる、「しょうゆ味」を食べてみました。

 

赤が基調のパッケージに、真っ青な着物を着た遠藤関の姿がとても目立ち、映えています。

「調理イメージ」の写真も、かなりおいしそうに作られています。

 

我が家の場合は、冬に冷蔵庫に残りがちな、白菜や長ネギを使い切るためにも、このメニューにすることがあります。

今回は、鍋用野菜としてカット済みだった、白菜やにんじん、長ネギのセットを購入して、ラクしました(^^)。

 

永谷園の「煮込みラーメン」は箱の作り方をよく見て作れば超カンタン!!

「煮込みラーメン」の作り方は超カンタンです。

パッケージの「調理例」では、豚肉の薄切り(おそらくバラ肉)を使ってますが、鶏肉でももちろんいいし、ウインナーやベーコンでも、お好きな方にはいいかもしれません。

 

 

私は大鍋でグツグツ煮込みます。

「しょうゆ味」とありますが、さほど醤油感は強くはありません。

魚介のエキスを感じます。

付属の「調味ソース」に、豚肉やトンコツなどの肉系エキスの他に、ほたてやイカ、オイスターソースの魚介系の旨みも加えて作っているそうです。

だから、味に深みと旨みがあります。

大鍋で一気につくれば、準備した具材の野菜や肉からも旨みがでますから、かなりおいしい鍋料理に仕上がるわけです。

 

あまりしょっちゅう作ると飽きてしまうかもしれませんが、時々、かなり食べたくなるメニューです(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、永谷園のロングセラーのひとつ、「煮込みラーメン」しょうゆ味についてお伝えしました。

旨みが凝縮されたスープで煮込まれたラーメンは、ことのほかおいしく、たくさん食べられます。

野菜もついでにたくさん食べられるから、なかなかヘルシーな料理ではないでしょうか。

永谷園 煮込みラーメン しょうゆ味(2人前*2回分)【煮込みラーメン】

 

以前の私みたいに「煮込み」と「ラーメン」の言葉の組み合わせに抵抗がある方も、ぜひ1度は食べてみてほしいな、と思う1品です!

★関連:【まつやとコラボ】永谷園・煮込みラーメンの「とり野菜みそ味」がおいしい!!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*